SOULOG ソウルバーDr.Smithオーナー

アクセスカウンタ

zoom RSS ピントを合わせの煩悩から解脱

<<   作成日時 : 2005/07/23 19:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
このブログにアップしている写真、最近はフォクトレンダーVito Bで撮ったものが多い。

カメラは精密機械であり湿気を嫌う。
特に密閉されたレンズは、ガラスに巣食うカビが発生する。
この対策としてカメラやレンズは防湿庫に収納している。

そのなかでVito Bだけがオフィスのロッカーに放りっぱなし。
そもそも安く売られているのを見て、会社の「置きカメラ」にちょうど良いという理由で買ったのだ。

そのぶん稼動率は高い。
ランチや買い物のために会社を出るとき片手に持って行く。
休日のときにしか出動しない防湿庫入りのカメラに比べ、圧倒的な活躍ぶり。

しかも使っていて気持ちがいい。
その理由はVito Bがピント目測しかできないというところにある。
目測では正確なピント合わせはできないが、撮影にかかる時間は格段に速い。

遠くから被写体を選定、歩きながらピントリングを距離にあわせ、予定の距離になったらパチリ。
あるいは経験的に街歩きでは5m程度の距離で撮ることが多いとわかってきたので、デフォルトをこの距離にしておくのも手。

もちろん、どんなカメラでもピント目測はできるのだが、ピントを正確に合わせたいという煩悩が生まれてしまう。
煩悩を精神で断ち切るのは、なかなか難しい。
しかし最初から機能のないVito Bなら解脱することは容易。

粗末に扱っているようで、実は大変なお気に入りのカメラというわけだな。

※Vito B + ColorSkopar 50mm/F3.5


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ピントを合わせの煩悩から解脱 SOULOG ソウルバーDr.Smithオーナー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる