SOULOG ソウルバーDr.Smithオーナー

アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ:トレイにおける自画像

<<   作成日時 : 2005/07/25 22:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
誰が見ても「あいつだ」と言われるテーマを持つことが芸術家として大成する秘訣である。

ゴッホ、モジリアニ、ロートレック、東山魁夷----etc。

モネといえば睡蓮。
正直どれも一緒じゃないの?と思うのだが、同じ睡蓮が当たる光によって様々に異なるその違いを描き続けた、ということ。
その真摯な姿勢が尊い、そしてそのワンパターンゆえにポピュラリティを獲得する。

ところで僕も、もう10年近く撮り続けている画題がある。
まだカメラや撮影に大して興味がなかった頃、インスタントカメラや初期のデジカメでも撮り続けてきた。
それが観光先のトイレの鏡で撮る自画像。

ポイントを自分で書いておこう。
・その観光地に行ったときの自分の姿(ファッションや老け具合)がわかる
・撮影したカメラがわかる

後者はともかく、前者については疑問を呈される方がいるだろう。
観光地であれば誰かに撮ってもらえばいいじゃないかと。
それはそうなんだが、決まってそういう写真はおもしろくないのだ。
その点、トイレの鏡を使ったものは露出やピント、さらに構図が無茶苦茶でも興趣がある(と思っている)。

恥ずかしながらここにご紹介するのは最近の私。
新しく買ったばかりのビリヤード用眼鏡(フレームが巨大)だな。
カメラはEpson R-D1。
それにこれはフォクトのColorSkopar 35mm/F2.5を装着。
おっと外付のファインダーも付けているぞ。
R-D1は35mmのブライトフレームを内蔵しているから、きっとこれ以外のレンズも持って行ったんだ。
----というようなことが写真を仔細に眺めるとゆっくりとわかってくる。

この道をもっともっと突き詰め、自分の葬式用の写真もここから選ばれるくらいになれば「大成」したと言ってもよいだろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
テーマ:トレイにおける自画像 SOULOG ソウルバーDr.Smithオーナー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる