SOULOG ソウルバーDr.Smithオーナー

アクセスカウンタ

zoom RSS まずはカメラを持って---(結婚披露宴その1)

<<   作成日時 : 2005/11/18 10:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
親族の結婚があった。なにを着ていこうかと考える前にどのカメラを持っていこうかと---

まずはモノクロ用。
M3とズミクロン50mm、フィルムはKodakのトライX.。
当たり前すぎておもしろくないのだが、へたな腕をカバーできる最強の組み合わせ。
モノクロ用のイエローフィルタも忘れず装着。
(余談だが39mm径のイエローフィルタの廉価品がどうしても見つからず、しばらく前にライツ純正ものを買った=無用に高かった)

悩んだのはもう一台。
カラーフィルムを入れて、望遠で花嫁を露出開放でふわっと撮りたい。
考えた末、ContaxG2を選択。
AFだしAEだし失敗はないはず。
さらに28mmの広角レンズも予備で持って行った。

ラボから帰ってきたネガやポジを見て驚いた。
間違いない筈だったContaxG2で撮影したフィルムはほとんど壊滅。
露出はおかしい、ピントはずれている。
前々からG用のゾナー90mmはピントがずれると聞いていたが、ひどいものだ。

AE、AFを信じたのが迂闊だった。
表示される被写体距離やシャッター速度をチェックしていればこんな無惨にはならなかったろう。
そう考えると、AFやAEのめんど臭さが身にしみた。
スポーツ写真を撮るんではなし、フルマニュアルのほうがどれだけ楽なことか。

というわけでライカで撮ったモノクロ写真をアップする。
当たり前の新郎新婦の写真。
もうちょっと撮り様があったろうに----。

※Leica M3 + Summicron 50mm / F2

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
まずはカメラを持って---(結婚披露宴その1) SOULOG ソウルバーDr.Smithオーナー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる