SOULOG ソウルバーDr.Smithオーナー

アクセスカウンタ

zoom RSS モバギなしじゃいられない!

<<   作成日時 : 2006/05/11 15:23   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
たかが機械だが、これがなしの生活なんて考えられない。それがNECのモバイルギアII。

愛用しているのはMC/R430という機種。

もともとモバイルギアは、DOSベースの初代から使っている。10年近く前の機種。
この黒いボディの通称「黒モバギ」はモノクロ液晶ながら視認性も良く、(さらにNECがネットで配布したゲーム「大富豪」の出来もよく)愛用したが、日本語変換が馬鹿だった。

Windows CEベースのモバイルギアIIとなり、さらに日本語変換にAtokをデフォルトで添付したMC/R430を次に購入。
それから7年、酷使に酷使を重ねた。

鞄に裸で放り込み、通勤の電車の座席で使うのが基本。
コーヒーで喉を潤す喫茶店で、プールサイドのベンチで、病院のの待合いでと、あらゆるシーンで使って使って使った。

このブログ(さらに並行しているソウル・ミュージックのブログも、駄文ながら相当な文章量があるのだが、それもすべてモバイルギアII(以下モバギ)があればこそ。

ご存じない方にモバギの特徴を書いておく。

○電源ボタン一つで即起動(待ち時間なし)
○充電で長時間の使用が可能
○フルキーボードの大きさでキータッチに負担なし

最初の二つの特徴は、ハードディスクを持たないからである。
ハードディスクへの読み出しや書き出しがないので、スピーディ。
WindosXPの入ったパソコンではなく、携帯電話に近いと考えてもらえばいい。。
携帯電話は特に起動時間もなく、充電後の使用可能時間もパソコンとは比べものにならないでしょ。

こうしたWindows CEの特性(注:別にマイクロソフトの専売特許ではない。むしろ後発だった。)を活かしたモバイルマシンはいくつもあったが、フルキーボードを採用したのがモバギの凄さだった。
ストレスなくタイピングしたい、そのためには多少ボディが大きく重くてもいい、という需要にはモバギが一番だった。

しかし利ばかりを追うマイクロソフトはWindows CEのサポートを中止。
各メーカーはCEベースのモバイルマシンの製造販売をやめていった。
モバギも例外ではなく現在は生産されていない。




愛用していたモバギの調子がおかしくなったのは先月末だった。
充電が低下していたので、一晩充電。
翌日使おうと思ったら、うんともすんとも起動しない。

あせった。

モバギがなければブログの更新はもとより、なに一つ生産的は活動ができなくなっていたのだ。

今日掲載した最初の画像を見てほしい。
ハゲハゲ、傷だらけ。
こんなになるまで使ったのだから、起動しなくなっても文句は言えない。
むしろ、いままでよく耐えてくれたと追慕の念が沸き起こり、寺で供養してもらおうかと思うほどだった。

しかし。
実は致命的な故障ではなかった。
起動しないのは単に充電されていないから。
充電器の接続部分が接触不良になっていたからで、注意深く、ある角度で充電器のケーブルを挿すと、ちゃんと充電できることが判明した。
修理することもなく現役に復帰した。

一安心したのだが、備えあれば憂いなし。
生産中止となっているモバギを、いまのうちにある程度買っておくことにした。

調べるとネット・オークションで、思いのほか安く取引されている。
状態(外観)がよくて1万円前後、完動品でも傷が多いと6000円くらいで落札されることがある。

というわけで、手元に集まったモバギを並べてみた。

画像


一番奥になるのがB5サイズのMC/R730。
普通に考えれば使いやすく思われるだろうが、僕には中途半端。
液晶の小さくてもコンパクトな、ほかのモデルのほうが魅力的。
あと液晶が暗いのもこの730の欠点。
おそらく考えることはみな一緒らしく、この機種はとんでもない安価でオークションに出品されることがある。

真ん中の段の右がMC/R530。
モデムを内蔵、ジョグダイヤルがついている高級機種だが、両方とも特に魅力を感じない。
モバギはすべてPCカードとコンパクトフラッシュメモリの二つのスロットがあり、そうしたメディアで母艦PCに持ってくれば僕の用途では十分なので。
ただし、やはり上記機種なので今後はこれをメインに使うつもり。

その左が新参者のMC/R430。
自宅待機用として使う予定。

いちばん下が、愛情こもる新品で購入し使い続けているMC/R430。
これが壊れたら、きっと泣く。
そのくらい愛おしいので、これは会社のデスクに保管し、あまり移動させないことにする。

というわけで4台のモバギを揃って起動してみます。
画像



Windows CE機ではこのほかにシグマリオンも持っている。
コンパクトさでは群を抜いているが、いかんせんキーボードが小さく、あまり使っていないのが実情。

※Canon EOS kiss digital + 18-55mmで撮影

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
私も使っていますが、快適ですよね。
もう代わりの新機種が無いのが残念です。

むぎわら
2006/05/11 22:49
>むぎわらさん

感心するのはモバギの耐久性。
あくまで僕の経験ですが、全然壊れません。
シグマリオンは、すぐにヒンジが壊れて液晶部分がぱたんと向こうに倒れるようになります。
それもあって、いまオークションで中古を買うのは本当にリーズナブルだと思っています。
もっと増えてしまうかも-----。
Sugar Pie Guy
2006/05/12 11:23
2008年になって初めてMC−R530をオークションで購入。コンパクトで即起動というところが気に入って、3ヶ月後にはMC−R550もオークションで買ってしまった。
もっぱら「aozora文庫」購読用です。
ひろむ
2008/10/05 23:23
ひろむさん、はじめまして。
モバギはその用途に合致した人にとっては手放せないモバイルです。
これが現在の市場で商品として成り立たないのは残念です。
※僕も青空文庫は活用しています。
Sugar Pie Guy
2008/10/06 01:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
モバギなしじゃいられない! SOULOG ソウルバーDr.Smithオーナー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる