SOULOG ソウルバーDr.Smithオーナー

アクセスカウンタ

zoom RSS ビリヤード / GR digital 報告

<<   作成日時 : 2006/05/15 01:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
このところビリヤードの調子が上向いてきた。

半月ほど前から「ストロークの質」というテーマに取り組んでいて、それが良い方向に出ているようだ。

まあ、これまでがあまりに下手だったので、少々調子があがったくらいでは、とても追いつかないが。

マスワリの数だけいえば、今月は6発とまずまず。
もっともこれは、ブレイクキューを替えたことが大きく影響している。
三木のMezzが出しているディープ・インパクト(通称DI)を手に入れたところ、目に見えてブレイクのポケットイン率が上がった。
というわけで腕で入れているような気もしないのだが---。

今日の写真は名古屋市の「桜ビリヤード」。
テーブルコンディションがいいのでたいへん気持いい店である。




ところで今日の2枚はリコーのGR disital (28mm)で撮影している。
このデジカメ、良いところもある分、CanonのIXYのような成熟したコンパクト・デジカメと比べると随分お粗末なところもある。
駄目と言っているのではなく、個性として総体では気に入っているのだが。

まず動作音が大きい。
AFのスピードも遅い。(その分、合った!という感覚が持てる)

さらに今日発見したのは高感度にした場合の画質の荒さ。
一枚目は「桜ビリヤード」の店内。うす暗いのでISO800にしたところ相当に粒子が荒れている。
他社のデジカメではISO800でこれほどひどくはないと思う。
感覚的だがEPSON R-D1でISO1600にしてもこれより良いのではないか。

いっぽうでISO64が選択でき、それはさすがに良好な写りをする。
その例が下のもの(構図や被写体は無視してください)。

28mm広角の味を出すには、これに少々レタッチソフトで周辺光量を意図的に落としてやるといいと思う(姑息だけれど)。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ビリヤード / GR digital 報告 SOULOG ソウルバーDr.Smithオーナー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる