SOULOG ソウルバーDr.Smithオーナー

アクセスカウンタ

zoom RSS 天ぷら 日本橋「はやし」 他

<<   作成日時 : 2006/07/25 21:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 日本橋の天ぷら屋「はやし」に行った。

 池波正太郎が愛し、天ぷらの有名店を指折りしていけば必ずはいる店。

 味はもちろん、お値段も最高峰とされている、その「はやし」で喰った。

 下世話ながら先にお値段を記す。昼も夜もおまかせのコースのみ。税込15750円、ビールを飲んで18000円弱だった。
 これは僕の可処分所得からすれば相当に高い。無理を通した。

 しかし「ものの価値」としては妥当なものだと思う。過ごした一時間ほどを値付けすれば、特に高すぎはしないだろう。

 もし、天ぷらという料理に興味があれば、一度食すことをお薦めする。

 一緒にいった知人は的確な表現をした。
 「天ぷらのベンチマークとなる」
 至言である。

 茅場町の「みかわ」(行ったことがある)、赤坂の「楽亭」(行ったことはない)、そのほかの名店を計る尺度たり得るということだ。

 前置きばかりになったが、敢えて内容について、ぐずぐずとは書かない。それは大枚をはたいて(軽いお小遣いの人もいるだろうが)お出かけになる方の楽しみを奪うことだから。

 ポイントだけを記しておく。

 二代目というご主人の柔らかなお話を伺いながら食す。
 食材についての吟味が並大抵ではない。
 サラダ油で揚げられた白い上品な天ぷら。

 天ぷらについて、僕の好みははっきりしている。胡麻油で揚げられた茶色のしつこいもの。それを天つゆに、じゃぶっと浸して喰う。
 つまり「はやし」は僕が好む天ぷらではない。
 しかし素晴らしい。

 もし、白い上品な「塩でいただく」ような天ぷらがお好みならば、強くお薦めする。
 寿司やフレンチに比べれば、腰が抜けるほどの値段ではないのだし。

※写真は、「はやし」の自店サイトから借用しました
http://www.gwill.co.jp/miyoshi/tenpo/hayashi.htm



画像
 お次は新橋の上海料理「鴻運」。
 うまい!安い!そして楽しい。

 難を言えば三拍子揃っているせいだろう、満客であることが殆ど。
 我々が食べている間も、何組もが扉を開け、残念そうに帰っていった。

 片言の日本語を喋るお母さんが絶品。
 料理について、こちらが質問しても殆どの場合答えず、迫力のある「オイシイヨ!」。

 オーダーをするより早く、お薦めの料理をまくしたて、その気迫に注文してしまう。そして、それが皆うまい。
 この店では、このお母さんとのやりとりを楽しまなくては勿体ない。

 上品な味ではない、油たっぷり。しかし、それがうまい。忘れがたい店となった。
画像


※Panasonic LUMIX FX-7
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
天ぷら 日本橋「はやし」 他 SOULOG ソウルバーDr.Smithオーナー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる