SOULOG ソウルバーDr.Smithオーナー

アクセスカウンタ

zoom RSS ジャパンオープン vol.3 決勝

<<   作成日時 : 2007/04/15 05:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 決勝会場は港区のニューピアホール。

 観戦は指定の椅子席3000円と立ち見1500円の2種。指定席をチケットぴあで買って行ったのだが高いところから全試合を観ることができよかった。ただしテーブルからは遠く写真を撮るのは辛い。
 普段は使わない一眼レフデジカメに、これまた殆ど使ったことのない200mmのレンズを持って行った。デジカメは普及機だから300mm相当になり、家に帰ってチェックしたらボケ写真ばかりだった。言い訳しておくと被写体ボケ。画質は荒れてもISO感度をもっと上げれば良かったと、まあ勉強にもなった(笑)。

 最初の写真が全景(クリックすると拡大します)。左下にガレコ、真ん中よりに銘狩プロが写っております。

 前半最も観戦に力が入ったのが森嶋プロvsブスタマンテ。大金星と表現してはベテラン森嶋さんに失礼かもしれないが、しかし世界のブスタマンテを破ってしまったのだから。

 後半に入って会場全体がため息をついたのが、大井プロvsパグラヤン。大井プロは土方隼人プロ(たしか同期、違ったかな)を破りベスト8では唯一の日本人となっていた。一方相手は世界タイトルホルダー。ところが先に大井がリーチまでたどりつく。あと一つと会場の多くが願ったはず。
 この勝負の帰趨は、絶妙なセイフティにゆだねられた。下の写真がそれ。次の4番が5番で隠されている。

画像


 どうです、静止しているものはボケていないでしょう。選手がボケるのは被写体ボケで、選手が動きすぎるんだよ!と文句も言いたくなる(笑)

 ここからの当てにパグラヤンは悩みに悩んだ。お調子者っぽく奇声を発したり、ポーズをとったりで会場を沸かせるパグラヤンだが、ここ一番にはものすごい集中する。さすが世界タイトルホルダーは違う。

画像


 この写真と前のとではキューの方向が違うが、いずれもパグラヤン。狙ってはやめ、反対側からまた狙い、というわけだ。

画像


 結局このセイフティからの処理をものにして、パグラヤンが大井プロをまくり勝ち。会場からはため息がもれた。

 男子と並行して女子の試合も進む。次の写真は外国人選手、台湾の---名前忘れた。

画像


※Canon EOS kiss digital + 55-200mm

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ジャパンオープン vol.3 決勝 SOULOG ソウルバーDr.Smithオーナー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる