SOULOG ソウルバーDr.Smithオーナー

アクセスカウンタ

zoom RSS 男厨 鶏肉ごはんをタイ料理にする=つけあわせソース

<<   作成日時 : 2007/08/27 15:58   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 前回の続きで、単なる鶏肉ごはんをタイ料理「カオ・マン・ガイ」にするためのレシピ。

 タイの調味料は、とにかく安い。実は普通に手に入る調味料で代替できることも多いのだが、安いし買いに行くのは楽しいので、少しづつ揃えることにしている。

 今日使うタイの調味料は二種類だけ。なおこのレシピはここのサイトから頂戴したもの。タイ料理のレシピとしては素晴らしい内容なのでブックマークをお奨めする。

カオ・マン・ガイつけあわせソースの材料

ニンニク---1片
ショウガ---親指大
唐辛子---半個
タオチオ---大さじ2はい
酢---大さじ1はい
シーユーダムワン---大さじ1はい
鶏がらスープ---大さじ1はい
グラニュー糖---小さじ1はい

カオ・マン・ガイつけあわせソースの作り方

 ニンニク、ショウガ、唐辛子をみじん切りにし、そのほかの材料と混ぜ合わせる。甘さと辛さがうまく出るミックスを狙う。好みによって量を変えてもかまわない。

 タオチオは、まさに赤味噌そのもの。上野のアジアン食材店でタオチオは300円だった。この値段ならタイムードにひたるために惜しくないが、目をつぶって舐めてみたらタオチオなのか赤味噌なのか僕にはわからない。従って日本の味噌で代用してかまわない。
 不思議なのはこのタオチオ、瓶で売っていること(今日の画像の左はし)。だって味噌なんですよ。どう振っても落ちてこないので、苦労して箸で書き出した。手も箸も味噌だらけ---じゃないタオチオだらけになって難儀した。

 シーユーダムワンは甘い醤油。注意するのはこの名前で売っているとは限らないこと。店によって読みかたが異なる。似た調味料にシーユーダムケムがあり、似ているがそちらは醤油辛く、こちらは甘い。購入するときは「甘いほうね」と確認すること。これは430円。

 鶏肉をこのソースにつけ、さらにそれを鶏肉ごはんに混ぜて食べる。これで間違いなくタイ料理だ。

 カオ・マン・ガイ、夏は冷やして食べるとさらにうまい。タイ米は常温でさまし、鶏肉と今日作ったソースは冷蔵庫へ。肉のゼラチンが固まり、さらにソースの刺激が増して最高だ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
男厨 鶏肉ごはんをタイ料理にする=つけあわせソース SOULOG ソウルバーDr.Smithオーナー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる