SOULOG ソウルバーDr.Smithオーナー

アクセスカウンタ

zoom RSS 初北海道11 最終回 小樽の夜

<<   作成日時 : 2007/11/07 00:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

画像
 長々と続いた北海道旅行記も最終回。

 予定では早いうちに余市のニッカウヰスキー工場を後にして小樽の運河沿いを散策し、しかるのちにうまい寿司を食うはずだったのだが、あまりにニッカ余市工場が素晴らしく長居をしてしまった。

 なにしろ、もうここを離れなくてはならないと促したのは、小樽のお寿司屋さんが予約してあったから。

 小樽は漁港であり、魚がうまく寿司がうまいという。
 しかし旅行者のわがままだが、混み合った有名店より、静かなところでつまみたい。

 下調べして決めたのが「千成寿司」。
 評価は高いが、小樽の駅からはけっこう遠い。歩いて20分くらい。

 いや、しかし堪能しました。

 うまいものはどれだけでも食べられるということがわかった。昨日の刺身盛りでは早々と降参してしまったが、この千成寿司では間違いなくそれ以上食べている。

 別に寿司通なわけでもなし、日本中探せば、ここより安くてうまい店はあるだろう。ただ、そんなことを言い立てるのは品がない、一口に言えば野暮。
 僕の身に余るほどうまく、そして僕でも普通に支払えるお勘定だった。

 唯一、苦言を呈すると、カウンター席のためにテレビが設置してあった。折しも福田首相の誕生の日で、それを報じていたが、うまいものを喰うのにテレビは気が散る。
 だが、書いているうちに思ったのだが、そう感じるのは僕が旅行者だからかもしれない。この店の常連は、この味を気軽に楽しみテレビを観ているのだろう。羨ましい。

 行く先々で写真を撮っているが、この千成寿司では、賞味するのに精一杯で写真を撮ろうなどという邪気を感じる暇がなかった。
 そのかわりの一枚。千成寿司の近くにある床屋さん。「シェーン」というネーミングも素晴らしが、そのデコレーションの味わいも深い。

画像


 さて、千成寿司を出ると、既に日は落ち、札幌へと戻る時間が迫っていた。

 一計を案じ、流しているタクシーを拾い、運河沿いを走ってもらうように頼んだ。親切な運転手さんで電車の時間を確認しながら、夜景が楽しめるところで停車してくれた。そこで撮影したのがトップの画像。

 美しい。今回は堪能できなったゆえに、またいつか来たいと強く思った。



 今回で北海道レポートは終了。簡単にその後についてメモしておく。

 札幌に帰り、サントリーの経営するジガー・バーへ。本当は、ちゃとした(注:ジガーバーを下に見ているのではない。コストパフォーマンスからすれば立派なものだ。)バーに行きたかったのだが日曜日なのでやっていない。
 ここで、ちょっと小腹を空けて、札幌ラーメンを食べる。ここも情報を得ていた店。

 僕はそもそもラーメンというものが特に好きじゃない。さらにそのなかでも札幌ラーメンは駄目だ。そういう前提を置いたうえで、それなりにうまいと思った。

 翌日。
 朝食は、「さえら」というサンドイッチを食わせる喫茶店へ。
 名物のタラバ蟹のサンドイッチを食べたが、リーズナブルでうまかった。

 もう一度どうしても行きたくて甘味の新倉屋へ。おはぎは終わっていて、名物の花園だんごを頂いた。もちろんうまい。

 そして千歳空港へ。生ビールを飲んで搭乗。

 帰りの機内では、小樽の三角市場で買った珍味をつまみにニッカの「余市10年」を飲んだ。昨晩に封を切ったのだが、一本を気持ちよく空ける。

 初めての北海道。振り返ってみれば、とにかく酒を飲んだ。ビール、カクテル、ウイスキー。

 そしてよく食べた。いわゆる観光食で味わっていないのはスープカレーくらい。
 カレー好きでは人後に落ちない自信があるが、北海道のスープカレーは下北沢などで充分食べられるからね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
福田首相「やっくんのビンボーくじで福が来た!」群馬限定版の売れ行き
話題の政治家にちなんだ商品を製造している菓子メーカー、大藤(東京都荒川区)が10月初旬に販売を開始した「やっくんのビンボーくじで福が来た!上州限定版」の売れ行きが好調だという。 福田康夫首相をキャラクターにした「やっくんのビンボーくじで福が来た!」は、同社が発売していた安倍晋三前首相の「晋ちゃんまんじゅう」に続く新商品で、商品名の「ビンボーくじ」は福田首相の「(今首相になるのは)貧乏くじかもしれないよ」発言からとったもの。 商品は安倍晋三前首相と同様にまんじゅうだが、福田首... ...続きを見る
三面記事
2007/11/08 10:58
党首会談「密室批判」に“反論”
福田康夫首相は8日付の福田内閣メールマガジンで、小沢一郎民主党代表との党首会談に触れたとのこと。読者から「内容が国民に知らされなければ意味がない」などの「密室批判」が寄せられたことを紹介し、「政策実現に必要な体制を議論するには、建前抜きで本音の話し合いを行う場があってもいいのではないか」と理解を求めたそうで、首相は「公開の場での議論が民主主義の基本」と断ったうえで、「公開の場でお互いが自分たちの主張を繰り返すだけでは何も決まらない」と指摘。「与党と民主党で、『政策協議の場』を... ...続きを見る
京都日記~独り言~
2007/11/09 12:33
北の国から.....パート8
こんにちは〜。三連休終わっちゃいました。今週は土曜出勤やからしんどいですわ・・・天気は播州地方曇りです。朝パラパラっと雨が数秒だけ降りましたがその後は曇りのままです。では、シリーズの続きを・・・・今回... ...続きを見る
楽や/Rakuya
2007/11/12 12:49
北の国から.....パート9
こんにちは〜。昨日の夜から播州地方は寒いです。昨日は会社終わって恒例のバドミントンやってきました。汗かいた後、後輩君と外で立ち話してたら汗が冷えてめちゃめちゃ寒かったです。あ〜冬が近づいてきたなぁ・・... ...続きを見る
楽や/Rakuya
2007/11/13 12:34

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
初北海道11 最終回 小樽の夜 SOULOG ソウルバーDr.Smithオーナー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる