SOULOG ソウルバーDr.Smithオーナー

アクセスカウンタ

zoom RSS 関西人はきしめんの夢を見るか

<<   作成日時 : 2007/12/08 08:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

画像
 僕の郷土、名古屋の名物は「きしめん」。

 以前、うまいきしめんを求めて何店舗かを食べ歩いたことがある。その僅かな経験でしかないが、どこで喰ってもそこそこうまい。ただし、無茶にうまいということもない。

 ところで名古屋市内には、蕎麦屋が、あるにはあるが非常に少ない。きしめん、うどん、蕎麦と並列で麺類を出しているところが多いのだ。そこからすれば、名古屋市民はきしめんが大好きだと言ってよいのだが、これも不思議なことに、きしめんが大好物だとは誰も言わない。むしろ「そんなにうまいもんじゃないよ」と言う人が多い。おくゆかしい市民性なのかも。

 では、きしめんとは何なのか。

 まず麺が平たい。
 汁は蕎麦と同じ醤油黒い。必須のトッピングは、油揚げ、湯がいたほうれん草、そして鰹節。最後に載せられた鰹節がちりちりと動いていないと、完成されたきしめんとは言えない。

 さらに。きしめんの語源には諸説あるが、雉(きじ)の肉を入れて食べていたからだという説もある。その名残なのか、鶏肉を入れることが多いが、これは必須というほどではない。


 さて、御徒町に、きしめんを出している店がある。一度入って食べてみたが、「そこそこうまい、ただし無茶にうまいというわけではない」という、正しいきしめんの味だった。

 そこのメニューで気になっているのが「関西風きしめん」。

 先のきしめんの定義を踏まえて、ウィンドウのろう細工を仔細に眺めると、油揚げは合格。ほうれん草ではなく三つ葉。そして決めての鰹節は載っている。

 これが関西風なのは汁が薄口(白)醤油を使っているところだろう。

 この調子で、四川風きしめんとか、きしめんナポリタンとか、更なる発展を望みたいと、名古屋人としては心密かに願っている。

※僕の現在の実家は愛知県岡崎市だが、生まれ育ったのは金シャチの名古屋城が見える名古屋市北区。だりゃだりゃの名古屋っ子である。


 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
関西風きしめんねぇ。
おととい職場近所のうどん屋さんで「しのだきしめん」(ゴメン、しのだの字忘れた)を注文したら、おつゆは関西風の白醤油でした。普通のきしめんは濃い色なのに。
「しのだうどん」はもともと関西のものだったのかしらん?
イレイチクイーン
2007/12/08 21:20
僕は名駅1番ホームの立ち喰いが一番好きです。

>イレイチクイーンさん

『志の田』であってると思います!
かとぴ〜
2007/12/10 17:44
>かとぴ〜さん
はじめまして。お噂はかねがねsugarさんよりうかがっています。
そうですね「志の田」でした。

このトピックとは無関係ですが、私もビリヤードやるので、機会があればPOTAKにも寄らせていただきますね。
イレイチクイーン
2007/12/11 09:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
関西人はきしめんの夢を見るか SOULOG ソウルバーDr.Smithオーナー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる