SOULOG ソウルバーDr.Smithオーナー

アクセスカウンタ

zoom RSS 謹賀新年 平成二十年

<<   作成日時 : 2008/01/04 16:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像
 明けましておめでとうございます。僕は転勤地の東京で新年を迎えました。

 せっかく東京にいるのだから2日の皇居で行われる一般参賀に行ってきました。以前の東京転勤のときも行っていましたから慣れたものです。

 しかし東京が本籍の人でも一般参賀に行ったことのある人は少ないようです。「右翼しかいないんじゃないの」とか「延々待たされるのでは」と思っているのでは?

 そんなこと全然ありません。ぜひあなたも来年は、という気持ちをこめてレポートいたします。


 皆さん、カジュアルな格好でいらっしゃいます。ジーンズ姿の外国人観光客も多いし服装ついては自由です。

画像


 下の画像の通り、列を作って進んでいきます。途中、厳重なボディチェックを受けるのも、なんとなく楽しいです。警備する方達からすれば不謹慎なんでしょうが、受けるほうは皆さん笑顔です。

画像


 紙で作られた日の丸を配っているので、家から持っていく必要はありません。

 儀仗兵とは言わないのか---儀仗警官かな。制服を着た警備の方達の凛とした姿。

画像


画像


 天皇陛下並びにご親族の皆さんは、何回もお出ましになります。大きな広場なので相当数が収容でき、特に午後であれば最大でも1時間以上待つことはありません。ちなみに僕は12時30分に入り、10分待っただけでした。

 アナウンスの後にお出まし。一同、日の丸の旗を振ってお迎えします。

画像


 天皇陛下からお言葉があり、一同で歓喜の旗を振ります。これにご皇族方が手を振ってお応えになります。

 お出ましは数分間ですが、晴れやかな気持ちになり良いものです。


 ところで、大晦日から新年にかけての天皇のお忙しさをご存じでしょうか。簡単に書いておきます。
 大晦日には節折(よおり)の儀が行われます。
 続いて神嘉殿の前で大祓の儀が行われます。日本の大神主として国家国民の一年の穢れを祓い清めるのです。さらに除夜祭が行われます。

 元旦早朝、まだ日の昇る前に神嘉殿南庭で伊勢神宮、山陵、四方の神々を遥拝する四方拝を行い、さらに歳旦祭が行われます。天皇は三殿に玉串を捧げて拝礼し、皇太子が続きます。
 日中は宮殿で皇族や政府高官などが出席する新年祝賀の儀が行われます。

 2日にこの新年一般参賀。
 3日は元始祭。天皇は三殿に玉串を奉って拝礼し、お告文(おつげぶみ)を奏され、皇族の拝礼が続きます。年頭に当たり、国家国民の繁栄を祈る祭祀といわれます。


 天皇陛下のご高齢を考えると心配になってくる激務です。そのお忙しさの大半が国家国民の安寧を祈願する神事です。
 僕は決して右翼ではありません。ただ、こうした皇室を「ありがたいな」と思っているだけです。

 最後に皇居からの帰りの写真。このレポートに興味のある方は、ぜひ来年から行ってみられてはいかがでしょうか。
 なおカメラの持ち込み、撮影は自由です。

画像



 平成二十年もこうして新年を迎えました。
 今年も皆さん、よろしくお願いいたします。


※写真はすべてOlympus E410

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
日の丸のさおの先には
祭日や式典で日の丸を掲揚するときのさおの先には、金色のタマがあります。この金色のタマは、「頂華(ちょうげ)」といいます。ちなみに、さおと頂華の間にあるものを木冠といいます。 ...続きを見る
雑学博士になりたいっ!!,謹賀新年 平成...
2008/01/10 22:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
謹賀新年 平成二十年 SOULOG ソウルバーDr.Smithオーナー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる