SOULOG ソウルバーDr.Smithオーナー

アクセスカウンタ

zoom RSS 「初音ミク」初歩以前 その2

<<   作成日時 : 2008/01/16 00:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 初音ミクに手を出したおかげで10数年ぶりにコンピュータ・ミュージックに興味が出てきた。

 ところが、知らない間にこの世界は大変身している。ここ数日、まるで浦島太郎のようにその進歩に驚き呆れている。

 PCの速度の向上、メモリの増大、ハードディスクの巨大化はこの世界を大きく様変わりさせてしまった。

 詳しい方からすれば笑止、それどころか誤解だらけかもしれないが、この変化について書いてみる。

 かってはコンピュータで音楽を作ることをDTM(デスクトップミュージック)と読んでいた。この言葉は今もあるが、その上位概念であるDAWを用いることが多い。MIDI楽器を鳴らすDTMはその一部を示すに過ぎない。

 ソフトで鳴らす音はしょぼくて、ローランドやヤマハのハードウェア音源を買うというのが昔は当たり前だったが、いまでは逆でソフト・シンセが主流。

 さらにMIDIをそのまま鳴らすのではなく演奏したものをハードディスクに録音し、その複数をミックスするという手法が主流になった(これをDAWと呼ぶ)。
 ハード音源の時代は、こっちの機種はピアノの音がいいが、こっちはドラムセットにメリハリがある---どっちにしようかというのが悩みだったが、現在はそれぞれ最適なソフト音源で鳴らしたものをハードディスクに録音し、ミックスわけ。

 新しいことを知ることは楽しいのだが、失われた僕の10年に起きた変化に今さらついていけるかどうか----。たまにレポートをしていく。

 というわけで今日は初音ミクをハモらせてみた。

最初のバージョン

ミク二人にハモらせたバージョン

 まだミクの調整はしていないので発声がスムーズではない。来週はこれを治し、さらにバックの演奏をつけていく予定。
 当面はかろうじて知っているMIDIシーケンサーで演奏を打ち込むが、並行してDAWソフトについても勉強する予定。

※今日の画像は7インチレコードをかける知人。EPSON R-D1+Nokton40mm

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「初音ミク」初歩以前 その2  SOULOG ソウルバーDr.Smithオーナー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる