SOULOG ソウルバーDr.Smithオーナー

アクセスカウンタ

zoom RSS 沖縄07 Beach Boys part1

<<   作成日時 : 2008/10/27 01:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 最終日は那覇市内のビーチに行った。

 今回の旅行の醍醐味がここにある、と僕は思っている。

 そもそもビリヤード仲間の後輩の結婚式に参列するというのが大目的で、それに次ぐ沖縄行きのモチベーションが参加者それぞれに異なっていた。
 そうであるのに、ツアーのコーディネイトをしたのが一人、実は僕だったというのが問題。

 ホテルで同室となったbin君は沖縄に行くのならビーチと思い定めていた。ところが僕は10月に海など無理だろうと予定を組んでいなかった。

 結果、最終日の飛行機が那覇空港を16時発なので、それまで那覇市内にあるビーチに行こうということになった。

 モノレールの駅を降りて徒歩20分、波之上神社がある。昔日は海に突き出た岩山の上にある厳かな社で、あたかもモン・サン・ミッシェルを思わせる。

 その社の下に広がる砂浜-----。

 ところが、社の森を下り、このビーチの景色が眼前に広がったときは愕然とした。

 この景観は「日本三大がっかりビーチ」というのを選出すれば筆頭に挙がるだろう。

画像


 直近に高速道路が走り、無機質な桟橋が横たわっている。遊泳可能な面積はプールとそんなに変わらない。

 沖縄の海に期待していたbin君はがっくり。

 いっぽう僕はかなりこれを楽しんだ。海はグリーンで透き通っている。陽光はきらめき波のしぶきが光る。しかし聞こえるのは波の音ではなく、高速道を走る自動車の騒音。こんな珍妙な組み合わせがほかにあるだろうか。

 ぶつくさ不満をこぼしていたbin君もついに諦め、砂浜で体を焼き始めた。

 僕もうとうとと数時間居眠りを楽しんだ。久しぶりの昼寝で心が安らいだ。

 さすがに水は冷たく泳ぎはしなかった。腰までつかっただけだが、なんだかんだ言って沖縄の海は綺麗だった。

画像


※Olympus E-410で撮影

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
沖縄07 Beach Boys part1 SOULOG ソウルバーDr.Smithオーナー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる