SOULOG ソウルバーDr.Smithオーナー

アクセスカウンタ

zoom RSS 沖縄05 那覇を巡る〜首里城

<<   作成日時 : 2008/10/25 22:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 午後は首里城へ。

 最初の画像は守礼門、首里門とも呼ぶ有名なもので、「守禮之邦」という額がかかっている。

 実際にはあっけなく小さく低い。昨年は北海道に行き札幌の時計台を見てきたが、それと守礼門は「日本三大がっかり」を選ぶときに先ず挙がる名所。

 ただし守礼門はこれを含む首里城全体に見所があるので救い(?)がある。

 日曜日ということもあり混雑していた首里城に対し、驚くほど観光客がいなかったのが玉陵(たまうどぅん)。首里城から数十メートル離れただけなのにひっそりと静寂のなかにある。

画像


 玉陵は、琉球王国(第二尚氏王統)の王族の墓。まずは資料館を見て、その歴史を知り、実際の玉陵を見ることをおすすめする。

画像


 ここから金城町石畳を歩く。戦火で姿を変えてしまった那覇市内で昔日を今に残す道。しかし、それは単なる名所旧跡ではなく住宅街の生活道路。

画像


 途中に大アカギがある。樹齢何百年余の大木が6本、神木として祀られている。巨木信仰は日本由来のものなのか興味は尽きないが、ともあれおごそかな小森。

画像


 その先に「泡盛資料館」がある。沖縄にいる三日間、泡盛を飲み続けたが、その話はまたいずれ。

画像


※Olympus E-410で撮影

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
沖縄05 那覇を巡る〜首里城 SOULOG ソウルバーDr.Smithオーナー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる