SOULOG ソウルバーDr.Smithオーナー

アクセスカウンタ

zoom RSS 初島で遊ぶ その4 トイデジ撮影

<<   作成日時 : 2009/10/02 06:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 旅に出るときどのカメラを持って行くかに悩む。

 良い写真を撮ってこようと意気込むときはレンジファインダー・カメラを選ぶ。
 ご承知の通りレンジファインダーのカメラは構図取りが難しく、しかしそれが緊張感を呼び、まあましな写真を持ち帰られる可能性が少しは高まる。構造上レンズは単焦点というのも良い写りになりやすい。

 いっぽう、旅の記録を重んじるときは一眼レフ。
 一眼レフカメラが嫌いなので、小難しい写真にはならず、バカチョンとシャッターを切るだけ。
 愛着がないのでレンズも暗いズームしか持っていなくて、暗い照明下の写真は難しい(構造上、ミラーショックで手ぶれも多くなるし)。

 というわけで今回の旅行は後者。

 しかしそこに強い援軍を加えた。
 4000円の低性能トイデジ、VQ1015。

 これなら邪魔にならないし、写真を撮るときの緊張感たるや、ライカであっても比べものにならない。
 なにせ信頼できるファインダーはなく、液晶画面もないから、勘でかまえるしかない。

画像


 シャッターがいつ落ちるかもわからない。露出も適当、ピントは基本的にあわない。

 ただし露出が適当なので上の写真のように、明るいところ暗いところが同時に写るという僥倖にも預かれる。

 安物のプラスティックレンズは、特に明るいところでは周辺光量の低下が著しく、結果として額縁効果を与えてくれる。

画像


 いやぁ、おもしろいカメラです。

 クソつまらない一眼レフと、暴れ馬のようなトイカメラ。この二台(ただしトイカメラは財布より小さい)は、最高の組み合わせなのかもしれない。

※すべてVista Quest VQ1015で撮影

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
初島で遊ぶ その4 トイデジ撮影 SOULOG ソウルバーDr.Smithオーナー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる