SOULOG ソウルバーDr.Smithオーナー

アクセスカウンタ

zoom RSS 神君の木綿のハンカチーフ〜岡崎名所案内〜

<<   作成日時 : 2012/08/27 10:14   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

画像
 夏休みにわざわざ僕の店を泊まりがけでお訪ねいただいたお客様を岡崎観光にご案内した。

 岡崎というのは言ってみれば太田裕美の『木綿のハンカチーフ』のような町だ。

 『僕は旅立つ、東へと向かう軍馬で』とばかり徳川家康は江戸に向かい、都会の魅力に染まって帰ってこなかった。

 そのまま彼は「権現となって江戸を守護する」と日光におさまってしまい、その血筋を伝える御三家も岡崎以外の地を所領した。
 岡崎に送られてきたのは、「神君が生まれた町」というその威光と権力からすれば『木綿のハンカチーフ』程度の名前だけだった。

 とはいえ、腐っても神君である。江戸時代には徳川譜代の由緒正しい武家が岡崎を管轄した。それはそれなりに名誉あることだったのは確かだ。

 というわけで「神君の木綿のハンカチーフめぐり」。

 まずは大樹寺。ただしくは「だいじゅじ」と読むが、地元ではみな「だいじゅうじ」と呼んでいる。
画像


 ここは徳川氏、すなわち松平家の菩提寺。
 徳川将軍の位牌が安置されており、その位牌の高さはそれぞれの身長に等しいそうだ。
画像


 江戸時代は広大な寺領を持っていたようで、現在でもその土地に幼稚園やら学校やらを建て、健全な経営に余念がない。

 ところで『木綿のハンカチーフ』はご承知の通り松本隆の作詞である。
 というわけで境内に、松本たかしの碑がある。

画像


 よくもわるくも観光ずれしておらず、不信心な者には観るべきところも少ない。売店もこんな程度。しかし味はある。
画像


 次は伊賀八幡宮へと向かう。
画像


 こちらは徳川=松平家の氏神。

 ご承知の通り、源頼朝以来、征夷大将軍になれるのは源氏の家柄だけ。徳川氏ももちろん源氏の筋である。自称だが。
 源氏といえば八幡様を祭るに決まっている(のだろう)。
画像


 ここの見所は、見事な蓮池。
 季節が遅く、花はわずかにしか残っていないのが残念。
画像


画像


画像


画像


画像


 肝心の八幡宮。
画像


 八幡様と言えば那須与一。

 「南無八幡大菩薩、我が国の神明、日光の権現、宇都宮、那須の湯泉大明神、願はくはあの扇の真ん中射させてたばせたまへ」というやつで、先のロンドンオリンピックでメダルを獲ったアーチェリーの選手も皆、これを唱えたという(嘘)。

 こんな奉納額がいっぱい飾られている。
画像


 そして岡崎城へ。

画像


 う〜ん、あとから大反省したのだが、ここでみどころを撮っていない。

 岡崎城は岡崎市の名所中の名所で、さらに僕の店からも歩ける距離で、つまり僕にとっては珍しくもなんともない。さらに暑さでばてていたことも加わり、ふがいない撮影に終わった。

画像


 堀を清掃している方。暑いなか頭が下がる、ありがとうございます。
画像


画像

 川が近く、公園としても整備されているので、遠来の皆さんはぜひお訪ねください(笑)


 最後は名鉄「東岡崎」駅近くの六所神社(ろくしょじんじゃ)。

 ちなみに静岡県以北から岡崎に来る場合は、新幹線「豊橋」で下車。相互乗り入れをしている名鉄電車で「東岡崎」に至るのがおすすめ。
 JRの「岡崎」駅は、今回の名所見物には遠いところに位置する。それに僕の店は「東岡崎」の駅裏(徒歩1分)である(笑)
画像


 神社内に大黒様を祭った祠がある。商売繁盛を祈願。財布のなかのすべての10円玉を資本投下する。
画像


 道中、召し上がっていただいたもの。

「味噌田楽」---広く万人におすすめします(画像下)
「味噌煮込みうどん」---愛知県のディープな味としてお試しください
「味噌かつ」---かなり味の好みが分かることをご承知おきください
画像



 ところで、こんな自動販売機をみつけた。
画像


 「ぽてパリ君」ってなんだ。


<付録>松本隆と『木綿のハンカチーフ』私論

 松本隆は生粋の都会人。青山に生まれ中学校から慶応に学んだ(慶応大学は中退)。つまり都会人の視点しかない。その彼が「田舎の人ってこうなんだろうな」と勘違いして作詞したのが『木綿のハンカチーフ』だと思う。
 それが大ヒットしたのは都会人が支持し、そして田舎の人も『これはオラたちよりもっと田舎の人のことダンベサ』と思い込んだからにほかならない。
 「最後に木綿のハンカチーフ」を送ってくれなどというのは嫌な女で、実はその性格で捨てられたんだろう。
 僕は田舎者だが、この歌がヒットした当時、すでに「木綿」というのは死語に等しく、「VANのギンガムチェックのコットン・ハンカチがかっこいい」と級友と言っていたものだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
オークリー
神君の木綿のハンカチーフ〜岡崎名所案内〜 SOULOG ソウルバーDr.Smithオーナー/ウェブリブログ ...続きを見る
オークリー
2013/07/03 18:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
神君の木綿のハンカチーフ〜岡崎名所案内〜 SOULOG ソウルバーDr.Smithオーナー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる