SOULOG ソウルバーDr.Smithオーナー

アクセスカウンタ

zoom RSS 弁当百食 11〜20

<<   作成日時 : 2013/07/08 12:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

画像
 弁当を百回百食作ろうという挑戦。20をクリアした。

 トップ画像は頂戴した新歌舞伎座の手拭いで包んだ弁当箱の姿。

 では11食め。
 今日はしっかり食べようと弁当箱2個使い。

 ただし本番は手前のおかず箱。
 (ご飯と一緒に盛ってあるのは、あまりものの強制消化)

○豚肉の黄金焼き(和風ピカタ)
○里いもの煮ころがし
○ナスの大葉梅肉あえ
 
 豚肉のピカタは薄味。ステーキ用ロース肉(といっても1枚120円くらい)に小麦粉をふり、卵黄+日本酒+黒こしょうのたれにつけフライパンで焼くだけ。

 里いもの煮ころがしは定番。思いのほか時間がかかった。煮汁をもっと少なくしたほうが時間節約になるな〜

 ナスは簡単でうまい!大推薦。
 薄切りした茄子を塩でしっかり揉む。大葉と梅肉であえるだけで、鮮烈な味に。
画像


 ところで百食は、できるだけ和の弁当にしようと志している。

 最初の10食をクリアしたら、おろそうと思っていたのが曲げわっぱの弁当箱。本物の秋田杉を使った大館のもの。

 これはサラリーマン時代東京転勤を終えるとき仲間から餞別に頂戴したもの。あまりに立派でこれまで使うことができなかった。
 意を決して使うことにする。

画像



 この弁当箱を使った12食め。そのメニューはかねてから決めてあった。

 和のお弁当の定番、焼き鮭である。

 その王座に従うのは、さまざまな副菜。
 といっても大半は、作りおきしてあったり、残っている野菜の使いきりであるので、メニュー的には下記の通りとする。

○焼き鮭
○もやしとハムの甘酢和え
○インゲンの味噌うどんつゆ合え

 もやしをさっと茹でてザルに移す。冷めたら水気をきり、細切りしたハムと混ぜる。砂糖、塩、醤油の汁で合える。

 インゲンは茹でて、味噌+うどんつゆ(濃縮)+一味の汁で合える。
画像



 第13食
 前回、塩鮭を買ったとき半分を西京味噌につけておいた。それを焼いただけ。本当は西京焼きにするなら塩のふっていない鮭がいいのかな?

○鮭の西京焼き
○里芋の煮ころがし
○茄子の梅肉大葉あえ
○胡瓜の塩昆布叩き

 里芋の煮ころがしは以前が人生初挑戦で、今回が人生二回目。
 少しスピーディに終えれるようになったし、芋の表面に照りが出たのがいい。
画像



 第14食

○すき焼弁当

 牛肉、玉ねぎ、しらたき、厚揚げ、椎茸。ご飯は下にしき、すき焼きの汁を吸わせる。紅しょうがが大好物なのでしっかり入れる。

 温泉玉子(人生初挑戦)を作ってのせたが、少し黄身が固くなりすぎた。経験が必要だな。なお食中毒が怖いのでこれは写真撮影用に乗せたが、実際は別の容器にいれ店に到着するなり冷蔵庫に入れた。(僕は自分の店の夕食を弁当にしている。作ってから冷蔵庫投入までは約1時間)
画像



 第15食
 野菜好き、魚好き、肉に特にプライオリティを感じない(ただし鶏肉は別)。というワタクシの好みに添った献立。

○鶏ささ身のカレーマヨネーズマリネ
○えんどうの若芽の炒めもの
○しらたきとインゲンの黒コショウ炒め
○レンコンの明太子和え

 写真は変な撮りかたをしているが、実は下のご飯の入った弁当箱の半分は空白。そんなにご飯の量は食べないが、今日のおかずは野菜ばかりでかさがはる、というわけで弁当箱1.5使い。
画像



 第16食
 一品だけ作った。あとは昨日の使いまわし。

○豚大根
○れんこんの明太子合え
○豆苗炒め

 <豚大根>
 大根、ネギ、その他野菜をフライパンで焼きめをつけ取り出す。フライパンで豚肉を炒め、先の野菜を戻す。溶いた片栗粉、醤油、だし、砂糖をあわせフライパンに蓋をし10分煮る。
画像



 第17食
 スーパーで稚鮎を安く売っていた。八尾で260円。

 腐っても鯛というが、腐った鯛は食えない。それを言うなら「養殖でも鮎」。

○鮎の塩焼き
○玉子焼き
○野菜とうずら玉子の西京焼き
○なるとのぴり辛煮

 <玉子焼き>
 料理教室に通ったことがあって、そのとき習ったのを思い出しながら。けっこううまく焼けた。

 <野菜とうずら玉子の西京焼き>
 西京味噌に一口大に切った大根、ニンジン、そしてうずら玉子の水煮をつけておいたものをフライパンで焼く。

 <なるとのぴり辛煮>
 なるとをフライパンで軽く焼き、豆板醤を主とした汁で煮る。つまらない食い物だなと思いつつ、ついとまらなくなるタイプのおかず。

画像



 第18食
 見た目は豪華。

○牛肉の香味ステーキ
○もやし黒こしょう炒め
○白菜のゆかり合え

 <牛肉の香味ステーキ>
 日本酒、みりん、醤油、しょうがすりおろし、みょうがみじん切り、ネギみじん切りの汁に肉を20分ほど漬けておいてから焼く。

 <白菜のゆかり合え>
 白菜を塩でもみ水で洗い流してから水気を切る。「ゆかり」をまぶして合える

 ステーキ肉はオーストラリア産。一人前250円ほど。しょせん冷たい弁当ですから。
画像



 第19食
 弁当ではなく日々の食事のひとつとしてタンドリーチキンを作ってみた。スーパーでレトルトの「タンドリーチキンのたれ」を売っていたのでそれを使ったのだが、これが劇的にまずかった。生ぬるいカレー味がするだけの鶏肉のいためものができただけ。

 腹が立ち、いちから自分で作って弁当のおかずにすることにした。

 といっても知れている。

 ヨーグルト、カレー粉、ケチャップ、唐辛子、コショウ、ガムラマサラなどを適当にまぜて味をととのえただけ。ワタクシは辛いものが好きなので、とにかく辛くしておけと。

 鶏肉を一口大に切り、フォークでばすばすと突き味をしみやすくして一晩このタレにつける。フライパンに蓋をしてこれを蒸し焼き状態にしてできあがり。

 どう作っても、あの市販のくそまずいタレよりうまい。

 つけあわせに、これまた適当に考えたキュウリのおかずを。塩もみしたキュウリにオリーブオイルと豆板醤、レモン汁をかけたら、案外とうまかった。
画像



 第20食
 鶏肉のミンチで、つくねを作ってみる。限りなくハンバーグに近いものができあがった(笑)

○つくねハンバーグ
○丘ひじきの辛子醤油びたし
○玉子焼き
画像


 次回予告。この20食めの「つくね」がハンバーグに近くなったことを反省したものを21食目にしています。乞うご期待。

 なおfacebookではリアルタイムに毎日の弁当状況を発信しています。興味のある方はぜひこちらから

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
>弁当を百回百食作ろうという挑戦。

こりゃ野菜は自分で作った方が良いな。
来年の目標は野菜作りにしましょう。
ad'
2013/07/08 17:51
14食目の温泉玉子の記事。
既に傷みかけた生もの以外1時間ぐらいでは早々腐らんよ。
安心してお弁当つくりに励んでください。
sistercancer
2013/07/08 23:04
ad'さん。そのときはご伝授ください。
Sugar Pie Guy
2013/07/08 23:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
弁当百食 11〜20 SOULOG ソウルバーDr.Smithオーナー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる