弁当百食 31~40

 報告が遅れたが弁当百食の30番台は7月頃の状況。  弁当箱をまた買った。「宇宙からのメッセージ 銀河大戦」。  映画「スターウォーズ」の第一作(後にエピソード4と諡される)は1977年に公開された。  しかしそれは米国の話。  今では考えられないことだが、その当時ハリウッド映画の日本公開が遅れるのは普通で、特に「スターウォ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弁当百食 21~30

 弁当を少なくとも百食作ろうという企画。やってみると思惑と違ってきた。  弁当のためだけにおかずを作るというのは徒労ということがわかった。  どうせ手間が同じなら、ある程度の分量を作ったほうがいい。  お母さんなら毎食の残りを加工したり、あるいは家庭の食卓に載る分を見越して作ったりする。  簡単なことだが、やってみる…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

弁当百食 11~20

 弁当を百回百食作ろうという挑戦。20をクリアした。  トップ画像は頂戴した新歌舞伎座の手拭いで包んだ弁当箱の姿。  では11食め。  今日はしっかり食べようと弁当箱2個使い。  ただし本番は手前のおかず箱。  (ご飯と一緒に盛ってあるのは、あまりものの強制消化) ○豚肉の黄金焼き(和風ピカタ) ○里いもの…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

弁当百食 01~10

 趣味で弁当を作ろう。絶対に百回は作ろう、と意気込んではじめたことは先に書いた。  あらためて確認しておくが、これは「趣味」である。  必要があって弁当を作るというのとは違う。  時間や金が不経済であっても、趣味としてやらねばならぬ。  それを期して、とりあえず最初の10個はクリアした。以下に紹介する。  なお…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

人間がいかに愚かであるかをお伝えしよう

これが科学先進国であるアメリカで開発されたということもポイント。 ■核バズーカ デイビー・クロケット 1962年に開発され、10年間で400発が作られNATO軍に配備された。 見た目通り、これは核爆弾を射出する迫撃砲である。 米ソ冷戦下、ワルシャワ機構軍が西ヨーロッパに進撃を開始した場合、その陸軍兵力を迎撃する兵器と…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

新たな趣味「お弁当×百食」スタートします

 ずいぶんこのブログもご無沙汰してしまいました。  主軸がfacebookにうつり、そちらでは毎日複数のネタをあげています。  facebookに比べるとブログは「書くのが面倒」、「反応がない」そしてさらに「話題が発展していかない」という三重苦を感じてしまいます。  特に最後に「発展」については、話題が発展することで自…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ありがとう皆さん 開店3周年フェアのお知らせ

 おかげさまで私の店Dr.Smithはこの4月で開店三周年を迎えることができます。  商売は飽きずにやることが肝心。3年がまず最初の区切りと思ってきましたが、やってみるとあっという間のことでした。  皆様のご愛顧を受け、三周年の節目を迎えることができます。  これを感謝し下記の通り三周年感謝フェアを開催いたします。 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

2013年の自炊環境

 昨年暮れから自炊(本のスキャニング)環境が大幅にグレードアップし続けている。  ようやくその進化もひと段落ついたので、まとめてレポート。  まずドキュメントスキャナを買い替えた。  昨年末に発表されたばかりのScanSnap ix500。  前機種で充分満足しており、買い替えは悩んだのだが、4年間の進化…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

2013年あけましておめでとうございます

 この元旦は珍しく自宅でのんびり迎えた。  例年、年末ぎりぎりまで仕事(イベント)を入れるのだが、それもやめ、大晦日はじっとしていた。  深夜零時になり謹賀新年と賀を祝すと、すぐに就寝。  おかげで今朝は早く目が覚め、さっそく餅を切った。  搗きたての餅を大量にもらい、切るのに精を出したが、とても三が日では食べき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイ珍道中"Road To Thai" vol.8<トゥクトゥク>

 バンコク市内のいたるところで見かけるトゥクトゥク。  観光客相手の商売のようで、タイ人が乗っているのはあまり見かけない。  昨年は何回も乗ったのだが、今回はバンコクでは一度も乗らなかった。  アユタヤで乗ったが、アユタヤのものは観光用をさらに特化しており乗客スペースを大きくし、また比較的整備されている綺麗な車体が多か…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

タイ珍道中"Road To Thai" vol.7<動物園>

 半日、バンコクの動物園に行ってみた。  特に動物が好きなわけではない。あまり日本人旅行客が行くところじゃないだろうと思っただけ。  今回も行きは国鉄を使った。  ファランボーン駅から動物園の最寄りと思われる駅までは、二駅間。  切符売場でそこまで三等切符で行くと言うと、係員がにやにや笑っている。どうも「そん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

告知! 12/23 ディスコ・パーティを開催

 遂にディスコ・パーティの開催を決定!  私の店のお客様の多くから、「あのディスコの時代が懐かしい」、「ディスコ・パーティをやってほしい」というお声を頂戴してきました。  その熱意に動かされ---というより力強いお客様の後押しで、遂に第一回のディスコパーティの開催を決定しました。 12月23日(日) 18:0…
トラックバック:57
コメント:5

続きを読むread more

タイ珍道中"Road To Thai" vol.6<喰らう日々>

 タイ料理について書かなければ片手落ちになる。ただ正直めんどくさい。  タイ料理はうまい。屋台は安い。毎日天国だ~---以上、終了。  写真を見て思い出すと、お腹がタイ料理を欲しだす。ああ喰いたい。でも日本でタイ料理を食べるのは至難。  メニューが限られているし、相応に値段も高い。  ああ、明日にでもバンコクに行きた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイ珍道中"Road To Thai" vol.5<服をオーダー>

 タイに行ったのなら洋服をオーダーしなければ損。  やりようによっては旅費+滞在遊興費がただになってしまう。そのくらい安い。  ただし相当な注意が必要だ。  去年作ったものに関しては、かなり反省点があった。今回、それを踏まえ精度をアップさせた。  まずタイ(バンコク)の紳士服オーダー産業について書いておく。情…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

タイ珍道中"Road To Thai" vol.4<国鉄に乗る>

 アユタヤからバンコクへは国鉄で帰った。  駅舎内。  注意書きが絵にして貼られている。なかなか味があるなと思って眺めていたら、壁にヤモリが這っているのを発見。写真をクリックして拡大するとわかる(笑)  チケット売場。1等から3等まである。特に1等がゴージャスということはなく、エアコンがあり、混んでいないという…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

タイ珍道中"Road To Thai" vol.3<アユタヤ観光>

 いよいよアユタヤに着いた。  バンコクからのアユタヤ観光で問題になるのはアユタヤまでの行き帰りではなく、現地での周遊。アユタヤは一つの市であり、とても徒歩で見所をまわるわけにはいかない。  一番安いのはレンタサイクル。しかし地理に不案内のうえ暑いので断念。  割高だが自由が効くトゥクトゥクをチャーターした。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

タイ珍道中"Road To Thai" vol.2<アユタヤに行く>

 今回のタイ旅行、後半は一行と別れた。  僕はほかの人と興味の方向が違うことが多い。僕の好みにつきあわせるのは心苦しいし、かといって他人のペースにあわせるのは疲れる。  というわけで古都アユタヤに自分のペースで行ってきた。  行きは乗り合いバス。帰りは国鉄。  今回はアユタヤに着くまでを書く。  本題の…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

タイ珍道中"Road To Thai" vol.1<概略篇>

 昨年に続き二回目のタイ旅行を楽しんできた。  まず、最初にお断りしておく。 僕は旅行嫌い  「一生に一度見ておきたい」という気持ちが逆に働く。「もう二度と見られない」と思うのが寂しい。そんな気持ちになるのならいっそ見ないほうが気が楽。  そんなわけで、僕はベトナムにもラオスにもカンボジアにも行ったことがなく、ア…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

さらば腰の痛みよ。失われた10年

 魔法のごとき治療で腰痛から解放された。  朝起きると背中から腰にかけて妙な痛みを感じるようになったのは20代の終わりごろだった。  当初はわずかな痛みだったし、体を動かすと痛みはなくなった。  ところがその痛みが歳をおうごとにが強くなった。そして一日中不快を感じるようになった。  どうにも我慢できぬようになり接…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

岡崎最ディープ喫茶店『丘』

 岡崎で最も独創的な喫茶店。  僕はもともと岡崎市民ではなく名古屋っ子なので、この店を知ったのはわりと最近。  ここのエッグカレーというメニューの評判を聞きつけ、カレー好きとして抑えなければと訪れたのだが、店全体のインパクトにノックアウトされた。  まず驚くのは内装。  手作り。  シルバーや蛍光色をふんだ…
トラックバック:1
コメント:9

続きを読むread more