人間がいかに愚かであるかをお伝えしよう

画像
これが科学先進国であるアメリカで開発されたということもポイント。

■核バズーカ デイビー・クロケット

1962年に開発され、10年間で400発が作られNATO軍に配備された。

見た目通り、これは核爆弾を射出する迫撃砲である。
米ソ冷戦下、ワルシャワ機構軍が西ヨーロッパに進撃を開始した場合、その陸軍兵力を迎撃する兵器として作られた。

二つの型が作られたが、初期型の射程距離は2km。後期型でも4kmである。

まず思うのは、これが敵の手に堕ちたら自軍にとっては大変な脅威となるということ。
従って、この兵器は部隊単位で運用はできず、兵団規模のなかで使うことしかできないだろう。
しかし最大でも射程距離は4kmである!
撃ったほうも放射能被害を受けることは必至。

画像


爆撃機からの投下、大陸弾道弾による攻撃、それらが賢いとは言えないが、このデイビー・クロケットは愚かさの象徴たるインパクトがある。

この兵器が撤収されたのは1991年。
ワタクシの年齢にしてみれば、つい最近のことだ。

※デイビー・クロケットはメキシコ軍から攻撃を受けた「アラモの砦」で必死の防衛をし玉砕した西部劇時代のヒーローの名。
これが玉砕兵器であることはアメリカ軍も承知していた。

<P.S.>
ブログ更新が滞っているのでfacebookに書いているトピックのうち、適当なものをこちらにもあげます。
より突っ込んだものが読みたい方は、どうぞfacebookへ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • フェラガモ 靴

    Excerpt: 人間がいかに愚かであるかをお伝えしよう SOULOG ソウルバーDr.Smithオーナー/ウェブリブログ Weblog: フェラガモ 靴 racked: 2013-07-03 05:53
  • エアマックス 2013

    Excerpt: 人間がいかに愚かであるかをお伝えしよう SOULOG ソウルバーDr.Smithオーナー/ウェブリブログ Weblog: エアマックス 2013 racked: 2013-07-09 22:59