やめられないモノたち(1) ウルトラQ

 ウルトラQのブルーレイBOX。  売りは総天然色。  ウルトラQは1966年に放映された円谷プロ制作のSF特撮ドラマ(30分番組)。モノクロで製作された。  知っている方には当たり前のことを注釈しておくと、ウルトラマン、ウルトラセブンに続くウルトラシリーズの第一作であるがヒーローは登場しない。怪獣も毎回出てくるわけで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

京都小旅行その2

 京の街をぶらぶらしながら撮った写真を。  まずはお面。すっぽりかぶるラバーマスク。  ねずみ男を買おうかとしばし迷った。  これをかぶって店で待機。「いらっしゃいませ」とお出迎えする---  美容のためにパックをして保湿のためこれをかぶって時間を過ごす---  正気にかえってやめた。  ビルから巨木…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

京都小旅行その1

 久しぶりに京都へ行ってきた。  実は今月はじめのこと。ちと情報が古い。  デジカメとPCをつなぐUSBケーブルがどこかへ行ってしまいアップが滞っていた。  どう探しても見あたらないので、先ほど不要ケーブルの山から取り出してきた(笑)  それはさておき。  今回の目的は、先斗町にあるソウルバー「QJ's」さんに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不思議だ。音楽リクエストについて

 昨夜もクイーンをかけてくれというリクエストを受けた。  誤解されないように先に書いておくが、ソウルバーでクイーンをリクエストすることがけしからんと言うのではない。  そうじゃなくて不思議なのだ。    僕がジャズのかかっているバーに入ったとする。そこでジェームス・ブラウンをかけてくれとリクエストはしない。さらにヘレ…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

AOR Night vol.4は今週の土曜27日

 AORナイトもこれで第4回。  AORとは、あってないような音楽ジャンル。  ソウル/R&Bからロックまで、これがAORだと皆が思えばそれでOK。  強いていえばバックの演奏が特徴でしょうか。垢抜けている、センスがいい、気持ちいい---うまく言えないんですが。  とにかく僕もこのイベントで勉強させてもらっていま…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

とうようズトークを読んで

 今月号の「ミュージックマガジン」が届いた。  目玉となる力の入った「山下達郎」特集は置いておいて、まっさきに「とうようズトーク」を読み、閉じてしまった。  「とうようズトーク」、好評だったせいもあるだろうが、しばしば政治談義に踏み込んでもよしとされたのは以前の編集長という肩書きと強権のゆえだろう。  自死について書き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8/15(月)、16(火)連休いたします=業務連絡

 おかげざまで先週は過去最高売上でした。  お盆休みに入り、3件同窓会に使っていただきました。  最高は30人様。  僕の店は20席。30人は無理だとお断りしたのですが、折りたたみ椅子を持ち込むから、とおしゃっていただきました。  さらに「この店をみんなに知ってほしいから」とまで。  ありがたいことです。  …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ぐっとくる小物入れをダイストレイに

 リサイクルショップで、こんな小物入れを見かけ衝動買いした。  見た瞬間に、「ビビッ」ときた。  これはアレに使えるかも!  木製のクラウン(王冠)型。直径は17cmほど。  なかなか奇抜なデザイン。  ただし作りは案外ともろく高級品とまでは言い難い。  実は王冠のひとつが折れていた。  幸い、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トニー谷の空気読めない365日

 岡崎市内の西友スーパーは朝9時から開いている。  朝は涼しいし、なにより混まない。  スーパーのレジに並ぶのって本当に嫌なので、最近はもっぱら朝の西友買い。  そして今朝。  とんでもない看板を見つけた。 「ジュージューも安いザンショ」  とトニー谷に扮した男がこちらを向いている。  写真の構図や…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

こんな本を自炊した No.6 阿佐田哲也の麻雀本

 大学に入って数年は麻雀ばかりしていた。  バス停を降りて、まっすぐ進むと学校の門がある。しかしそこの前の通りを右折し、雀荘に行くのが常だった。  その頃の我々がバイブルのように崇め読みこんでいたのが阿佐田哲也の麻雀小説。 このシリーズは自炊した本の紹介です。「蔵書するのは断念するが、まさかのときのために内容を取ってお…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

扇子・オブ・ワンダー~はて、なんでせう

 火星人の乗るUFO群?  この形状を見ただけでわかる人は、まずいないだろう。  挑戦したいという方のために、ひとつだけをアップしてみる。  扇子に似ている。  ああ、あとで扇子という言葉は出てくるんだけれど、やはり扇子じゃない。  TVゲームのコントローラーでもなければ健康器具でもない。  …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

中村とうようを悼む

 音楽評論家の中村とうようが死んだ。  79歳、自殺だったという。  音楽評論家の中村とうようさん、飛び降り自殺か  70~80年代に洋楽に親しんだ体験のある者なら、中村とうようを知らない筈がない。  訃報を知り、僕の店の本棚を眺めただけで、中村とうようの書いた本が何冊も出てくる。CD付きのオーディオブックという…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

芸術の猛暑。フェルメール観てきました

 豊田市美術館にフェルメールが来ております。  美術展のタイトル、会期↓  作品を持つシュテーデル美術館が、建物造成の資金拠出のために該当する作品ほとんどすべてを貸し出す。なんでも「これが最初で最後」とか。  フェルメールについては若かりし頃、凝ったことがあり全作品を挙げられるくらい好きだった---と今こうして書く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夢でもし逢えたら素敵なことね

 今月からはじめた日曜営業についてレポート。  自動車業界はこの夏の節電のために休日を変更している。  以前書いたとおり、僕の店は愛知県三河地方にある。自動車産業に大きく依存するこの地で営業する以上、皆さんの流れに沿わないといけないのではと、これまで休みだった日曜日も店を開けているという次第。  まず水曜日に賑わい…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

らっきょうは塩

 漬けた塩らっきょうが食べられる具合になった。  先に一言。  らっきょうは塩に限る。  塩っ辛い、らっきょうをがりがりと齧りのは芋焼酎の最高のアテ。  甘酢に漬けた花らっきょうなど、カレーの添え物にあればあった程度で比較にならん。  欠点は、うまい状態が長くは続かないこと。  6月に漬けて、せいぜい夏の間くらい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

祝!ブルース&ソウル・レコーズ 100号

 「ブルース&ソウル・レコーズ」の第100号が手元に届いた。  隔月刊。創刊は1994年。あしかけ17年、僕にとってもずっと買い続けてきた雑誌ということで感慨深い。  これが創刊号。  黒人音楽ファン向けの話になるが、そもそも「ブルース」という雑誌があった。  ネットなどない遠い昔、好き者の情報ツールとしてミニコ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

カーリー、世界を制する

 朝一番に知ったニュース。  ドーハで開催されていた世界ナインボール選手権で、カーリーこと赤狩山幸男選手が優勝。  ポケット競技で日本人が世界を獲るのは94年の奥村健、98年の高橋邦彦以来、高橋からは実に13年ぶり。  昨夜は大入りで後片付けをして床に入ったのは4時。  しかし朝の6時半に起き、ネットで結果をチェ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

社会的実験~日曜営業します

 7月は日曜日も営業します。  飲み屋というのはその街の特製や、立地条件によって営業時間が変わる。  僕の店の場合、駅前であり、その駅の通勤客が集客の票田。  従って、これまで日曜日を休業日としていた。  しかし7月~9月の間、自動車関連企業の休みが変わる。  隣接する豊田市のトヨタ自動車のほか、岡崎に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TVゲームの夏~Battle Stations Pacific

 気になっていたXbox360のゲームが安く売っていたので購入。  僕はご承知の通りゲーム好き。  ゲームとしておもしろければ、フォーマットがボードゲームだろうがカードだろうが、TVゲームだろうが厭わない。  定期的にいろいろなゲームに手を出したくなる。  最近は、チェスの棋譜を並べてみたり、囲碁を再開したりしているが、…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

二七市でお買い物

 今朝は、岡崎市八幡町の二七市(ふないち)に行ってきた。  岡崎の中心地、康生町からほど近い八幡町で、2と7のつく日に開催される朝市。  2日、7日、12日、17日、22日、27日の月6回。  その開催日を表す名称が「二七市(ふないち)」。  正しくは八幡通りという町筋で行われるのだが、「二七市通り」と呼ばれるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more