テーマ:コラム

人間がいかに愚かであるかをお伝えしよう

これが科学先進国であるアメリカで開発されたということもポイント。 ■核バズーカ デイビー・クロケット 1962年に開発され、10年間で400発が作られNATO軍に配備された。 見た目通り、これは核爆弾を射出する迫撃砲である。 米ソ冷戦下、ワルシャワ機構軍が西ヨーロッパに進撃を開始した場合、その陸軍兵力を迎撃する兵器と…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

2013年の自炊環境

 昨年暮れから自炊(本のスキャニング)環境が大幅にグレードアップし続けている。  ようやくその進化もひと段落ついたので、まとめてレポート。  まずドキュメントスキャナを買い替えた。  昨年末に発表されたばかりのScanSnap ix500。  前機種で充分満足しており、買い替えは悩んだのだが、4年間の進化…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

2013年あけましておめでとうございます

 この元旦は珍しく自宅でのんびり迎えた。  例年、年末ぎりぎりまで仕事(イベント)を入れるのだが、それもやめ、大晦日はじっとしていた。  深夜零時になり謹賀新年と賀を祝すと、すぐに就寝。  おかげで今朝は早く目が覚め、さっそく餅を切った。  搗きたての餅を大量にもらい、切るのに精を出したが、とても三が日では食べき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さらば腰の痛みよ。失われた10年

 魔法のごとき治療で腰痛から解放された。  朝起きると背中から腰にかけて妙な痛みを感じるようになったのは20代の終わりごろだった。  当初はわずかな痛みだったし、体を動かすと痛みはなくなった。  ところがその痛みが歳をおうごとにが強くなった。そして一日中不快を感じるようになった。  どうにも我慢できぬようになり接…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

さようなら大名古屋ビルヂング

 昭和生まれの名古屋っ子にとって大名古屋ビルヂングは名古屋駅のシンボルである。  かっては威風堂々たる建物だったが、さすがに現在では老朽化し周囲に比べ背が低い。高層ビルを建てる再開発のため、取り壊しが決まった。  取り壊しのニュースは名古屋人なら誰しも知っていると思う。  ただ同ビルで『閉館記念写真展』を開催しているの…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

我に三年の月日を与えよ

 と、タイトルには書いたものの、来月死ぬとしても動揺しない心を構えている。あるいは構えるべしと思っている。  人生五十年。幸いに、ここを越えることができたので、あとは『おまけ』。  僕より遙かに才があり、志あった人で若くして死んだ人は多い。そういう方たちのことを考えると、ここまで生きて、さらに欲を言っては申し訳ない。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

神君の木綿のハンカチーフ~岡崎名所案内~

 夏休みにわざわざ僕の店を泊まりがけでお訪ねいただいたお客様を岡崎観光にご案内した。  岡崎というのは言ってみれば太田裕美の『木綿のハンカチーフ』のような町だ。  『僕は旅立つ、東へと向かう軍馬で』とばかり徳川家康は江戸に向かい、都会の魅力に染まって帰ってこなかった。  そのまま彼は「権現となって江戸を守護する」と日光…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

変なものをネットオークションで落札、「刑事コロンボ」

 妙なものがYahoo!オークションに出品されていた。  デアゴスティーニが週刊で出していたDVDシリーズ「刑事コロンボ」のブックレット全45巻。  妙というのは肝心のDVDが附属せず、ブックレットだけの出品という点。  「刑事コロンボ」の初期作品45作については既にDVDを持っているので、ブックレットだけが読みたかっ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

西尾市の「めぐみ農場」へ行ってきた

 愛知県西尾市にある「めぐみ農場」のオーナーの織田さんは、僕のサラリーマン時代の先輩。  織田さんは6年前、僕より先に退社した。  食道癌という大病にかかり15時間にも及ぶ大手術で癌細胞は取ったものの、仕事のストレスで再発のリスクが高まることを懸念されたという。  その決断がよかったのだろう。健康をすっかり取り戻した織田さ…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

マジメな話。日本史上最悪最低の犯罪 『台湾沖航空戦』

 今日はマジメな話を書く。  太平洋戦争において日本史上最低最悪の事件があった。  台湾沖航空戦における虚偽の戦果発表がそれだ。しかし、この犯罪の主犯である海軍はこれを戦中戦後、徹底的に秘匿したため案外と知らない日本人が多い。  この事件について、深く知り、学ぶべきを学ぶことは日本に必要だ。 台湾沖航空戦とは …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

懺悔と復活

 無念だが、あきらめた。  店内でのグリーン(観葉植物)の保持。  開店時のイメージは、あちこちにグリーンをたて、ジャングル(笑)のようにしたかった。  それが多難であることはすぐに判明した。  営業は夜だけ、しかもバーなので夜も間接照明程度。  光合成が行えないので植物が急速に弱る。  しかたなく、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

野望への第一歩 七輪を手に入れた

 かねてから欲しいと思っていた七輪。  知人が呉れるという。ありがたく頂戴した。  大型の高級七輪。七輪は珪藻土から作るが安価なものは練り物。それに対しこれは削り出し。まさに一生もの。  さっそく我が家の「猫額庭」にて筆おろしをした。  頂いたのはセットで、予備網から軍手まで、なにからなにまでついている。炭は高級…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

馬鹿犬の不始末

 ポメラニアンを飼っている。まもなく一歳になるオス犬。  これがとんでもない奴。  やたらとモノをかじる。  一歳を超えれば落ち着くという話があり、それを信じたい気持ちだが、あやしい気がする。  こまったことにピンポイントで大切なものを、かじり壊す。  ここにマッサージチェアがある。腰痛持ちの僕には…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

年度末、そして明日へ

 Dr.Smithは2010年4月1日に開業した。それもあって今日の年度末はオープンから2年が終わったということになる。  本年度はおかげさまで好調に推移した。  昨日までで前年比120%、つまり2割増。いちおう初年度から黒字経営なので純益は相応に増えている。もっとも黒字幅は少ないが(笑)  岡崎にはほかにあまりない妙…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

i-MiEVに化粧して名前をつけた

 電気自動車i-MiEVを非常に気に入っている。  静か、なめらかな走り、鋭い加速と申し分ない。  低速でも安定していて心地いい。必要があればアクセルを踏み電気モーターを回転させれば、すっと加速する。なんとはなしに安全運転になった。  ガソリンスタンドに行く必要がなくなったのもいい。自宅の駐車場に200Vのコンセントを…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

かぎ針編みをはじめた

 身の程を知るのはよいことだ。悔しいけれども。  以前予告した今年の三日坊主趣味の一つ、かぎ針編みをはじめた。  けっこう話題になっているのでご存じの方も多いと思うが、ショセットというところが発行している週刊「ステップ・バイ・ステップでマスターする かぎ針編み」というのを買ったのだ。  ディアゴスティーニのように毎週付…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

おかげさまで開店二周年 4/2~14

 おかげさまでソウルバーDr.Smithは4月で開店二周年を迎えます。  謝恩企画が決まりましたのでご案内させていただきます。 ■二周年謝恩期間 4月2日(月)~14日(土) ※ただし14日はご予約のみ(詳細後述)  会期中ご来店の方に二周年感謝ノベルティをプレゼントいたします。 ■記念イベント 4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The Fleetwoods "Mr.Blue"

 僕はいま「ミスター・ブルー」なのだ。  このところ毎日、フリートウッズの名曲"Mr.Blue"が頭の中で鳴り響いている。  フリートウッズはクルーナータイプの男性一人と女性二人のコーラスグループ。  youtubeにオリジナルのよいものが見当たらず、おそらく70年代のステージ風景。  そう、僕はミスター…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ePUB電子書籍を出版してみた

 ePUB形式の電子書籍を出版してみた。  知っている人は知っているが、知らない人は知らないので、ここで電子書籍、そしてePUBについて簡単に説明しておく。  電子書籍とは読んで字のごとく、デジタルデータの本。  iPadやその他のタブレット型PC、あるいは専用ビューワーなどで急速に電子書籍が広がりつつある。 こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

件(くだん)という妖怪

 「件」(くだん)という妖怪をご存じだろうか。  「件」の字の通り、牛の体に人間の顔がついている。半人半馬はケンタウロスだが、「件」は半人半牛である。  「件」は未来を予知する。その予知の最後に「よって件のごとし」と宣う。    内田百閒にその名もずばり「件」という短編がある。怪夢短編集「冥途」に収められている。 …
トラックバック:3
コメント:5

続きを読むread more

春を呼ぶめかぶ

 春が近くなると、生わかめが市場に並ぶ。  スーパーでわかめの「めかぶ」を見つけたので喜んで購入。  海辺に住んでいれば、ただ(無料)なのだろうが、これで300円。  湯を沸かし、そこに投げ込む。  茶色がかっていたものが一瞬で鮮やかな緑に変わる。ああ、もう少し寒さに耐えれば春だなぁ、と柄にもなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緊急話題:Amazonに抗議する~鯨肉取り扱い中止について

 産経新聞のニュースでAmazonが一方的に「鯨肉」の取り扱いを中止したことを知った。  現時点で産経以外では報じられておらず、この事態についてご存知ない方も多いと思い、この話題を拡散する一助を担いたい。  まずは産経新聞の該当ニュースをお読みいただきたい。  これが事実か確認してみた。  まずAmazonで「鯨…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

日本語変換Atok Passportというサービス

 日本語変換入力ソフトはずっとATOKを使ってきた。  WindowsであればIME、Macintoshであれば「ことえり」という日本システムに標準装備された日本語変換ソフトがあるが、ATOKに比べると変換効率が落ちる。  タイプの流れが澱み、遅くなる。  まだ変換ミスにいらいらするのは良いほうで、気づかずメール送信してし…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

新しいWindowsマシンを作る その3

 PC自作の後半。  今回の自作の目玉(?)のひとつがSSD。  大容量のフラッシュメモリーのことで、これをハードディスクの代わりに使う。ハードディスクに比べ可動部分がないので静かだし、なにより読みだしが早い。  ネックは高価なこと。120GBで13000円ほど。  使い方としてはシステムやよく使うソフトをここに…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

新しいWindowsマシンを作る その2

 前回に続き自作PC機のレポート--というか備忘録。  まずはケース。  ケースで重要なのは設置スペースが許す限り大きなものを選ぶこと。  大きければいろいろなパーツの増設ができるし、配線も楽。さらに熱がこもりにくいとよいことだらけ。  価格は4980円。デザインには目もくれず、とにかく安いものを。 …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

新しいWindowsマシンを作る その1

 メインPCが壊れた話は先に書いた。  治すことはできる。念のために余っているハードディスクを起動ディスクにしてシステムを再インストールする。それで駄目ならメモリから順にパーツを変えていく。  ただ、この機会にシステムをWindows7にしようと決めた。ずっとXPを使ってきたが、そろそろ潮時だろう。  最小の投資はただ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2012年、七つの趣味の男だぜ

 僕の一年は2月中旬からはじまる。  それまでは前年の振り返り。  大したことではない。音楽誌やネット情報でソウル/R&Bの2011年のベストが出揃うのを待ち、聴き逃しをチェック。おお、こんな素晴らしいものを知らなかったのかと追いつくのに費やすというだけ。これを20年ほど続けているので、このジャンルの重要作とされるものは一通…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

車のデカール剥がし

 新車i-MiEVは非常に快適。  衝撃の事故後、ディーラーで窓ガラスの交換、即部の板金塗装、フロントパネルの交換をしてもらった。飛び石と、砕け散ったガラス片で相当広い範囲にダメージがあったというわけ。  この修理に2週間かかった。受け取り後、ようやく新車の乗り心地を体感。  あらためて電気自動車の走りはいい。静かだし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メインPCが壊れました

 メインのPCが起動しなくなった。  PCは素晴らしい機械だ。  そのメリットは限りなく、それに対しデメリットは一つしか思い浮かばない。「壊れる」ことだ。  なぜPCや周辺機器はしょっちゅうオカシクなるのか。  神に対して人が犯した『原罪』というようなものに関係があるのかもしれない。  ゆえに人はエデンの園を追…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

いがまんじゅう

 いがまんじゅうの季節になった。  「いがまんじゅう」とは僕の住む愛知県岡崎市を含む三河地方の季節菓子。  『米粉生地外皮のあん入り饅頭(多くはこしあん)に、赤・緑・黄などに色づけたもち米を上部だけに載せて蒸し上げたもの』。  桃の節句を祝う菓子で、2月から3月にかけてこのあたりの和菓子屋、スーパー、ときにはコンビニに…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more