テーマ:EPSON R-D1

東京生活最後の休日

 しばらく過去形の日記を続ける。  慌ただしく引越を終え、今月から名古屋の新しい職場に通勤している。僕だけでなく組織が大きく変わったため、やらなければいけないこと、決めなくてはならないことが多く遅くまで会社にいる。  帰ったら帰ったで、部屋に積み上げられた段ボールの開梱。  今日になりようやくPCに向かうことができた。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

叔父の葬儀

 先週の土曜日、昼から球を撞き、その後飲み会に。球談義に花が咲いていたときに、叔父が亡くなったという連絡を受けた。  叔父は一昨年脳内出血で倒れたまま意識がなかった。  医者からは、この冬は無理ですと一昨年言われ、去年は夏を越せないでしょうと言われたから長くもったほうだろう。  叔父は小学生の頃、脊椎カリエスに冒された。戦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

酔った勢いでオーディオを、そしてジャズを語る

 毎月恒例のオーディオ&ソウル・ミュージックのイベントに参加してきた。  秋葉原の老舗オーディオ専門店(著名な音楽家の御用達でも知られる)D店の閉店後、そのリスニングルームを占有し、○百万円のオーディオ・セットで、グレイトなソウルを聴くという夕べ。  参加費は無料。各自、飲み物+つまみを持参する。近くにコンビニがあり、缶ビー…
トラックバック:4
コメント:2

続きを読むread more

蝶を見た

 蝶を見たと言っても、もちろん現在のことではない。  写真を整理していたら昨年10月に撮ったこれが出てきた。  日本橋の某百貨店の屋上に、ガーデニングのショップがあり、そこにガーゴイルの石像が置いてあった。  その上に枯葉みたいなものが落ちている---と思ったら蝶の擬態だった。  ここ一週間ほど、冷え…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

「初音ミク」初歩以前 その2

 初音ミクに手を出したおかげで10数年ぶりにコンピュータ・ミュージックに興味が出てきた。  ところが、知らない間にこの世界は大変身している。ここ数日、まるで浦島太郎のようにその進歩に驚き呆れている。  PCの速度の向上、メモリの増大、ハードディスクの巨大化はこの世界を大きく様変わりさせてしまった。  詳しい方からすれば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビリヤードへのお礼

 はじめて球の動きに魅せられたのは十代の頃。今から30年近く前のことだ。  二畳余りの平面で起きる物理。そんな小さなフィールドなのに、まだ知らないことがある。ああこの球はこう動くんだという発見に満ちている。  僕には決定的にビリヤードの才能が欠けている。  キュースピードは遅いし、ストロークもまっすぐ出ない。  しかし、…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

浅草 初音茶屋で大人喰い

 どじょうで腹を満たしてから、デザートを食べたのが初音茶屋。  bin氏は僕の知るだけでも何度も転居している「住にうるさい」男だが、しばらく前に浅草を出て青山に住んだと思ったら、また浅草に戻った。「食い物の宝庫」浅草はそのくらい魅力があるということだろう。  そのbin氏曰く「浅草の食い物屋ベスト10に僕は入れる」というのが…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

浅草 飯田屋

 皆でどじょうを喰いに行こうということになった。  いつもの三道楽人(僕、kenkenn氏、bin氏)は大のどじょう好きで、うまいと言われるどじょう屋はほぼ制覇したつもりだが、若いタカシ君とKURI君は、どじょうを喰ったことがないという。  まあそれもある意味幸い。知らずにどじょうを喰うとなると、大抵Kという店に行くことになるが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Deep Soul Night その2

 ところで、夏風邪をひいた。  暑いのでエアコンをつけて部屋のなかで半裸で酒を飲んでいて体を冷やしたのが原因で、昨日は朝起きたら頭が痛い、腹も痛い。  昼からは球撞きの約束があり渋谷へ。前半はそこそこ頑張ったが後半は体力切れで集中力が低下し、抜いてばかり(注:抜く=はずす)だった。  こんな調子で夜のイベントに行くのは…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

Deep Soul Night その1

 東京に出てきて驚いたのは毎週のようにソウル・ミュージック関係のイベントがあること。  イベントと言っても、古い言葉でレココン(レコード・コンサート)、今風に表現すればDJパーティ。  週末となれば各地のソウル・バー、ソウル・スナックでこうしたイベントが開かれる。  と言っても狭くて小さいソウル界、何十カ所で行われているわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

府中すももまつり その3

 先回はカメラを褒めたので、今回はレンズを褒める。  ライカ用のレンズはそこそこ使った。もちろん僕のお小遣いで買えるという条件だから、ライカの世界ではかなり低い価格帯のものだけだが。  そのなかから二本選べと言われたら、今回使ったノクトン40mmを残す。もう一本はズミクロン50mmで、つまり35mmを捨ててもこのノクトンを選…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

府中すももまつり その2

 祭りにはEPSONのR-D1(デジカメ)に、一番明るいノクトン40mmの組み合わせで持って行った。  最初は先月買ったOlympus E-410を考えていたのだがうっかり充電を忘れていたのだ。  ただし、これが大正解、というか久しぶりにカメラ撮影を楽しむことができた。  僕の好みだということをお断りしてだが、E-41…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

府中すももまつり その1

 今日7月20日は府中の大国魂神社の「すももまつり」だった。  いったいどんな祭りだろうと楽しみにしていた。一日限り、それも土日とは関係なく行われというのもレア度が高い。  会社の勤務時間が終わるとすぐに帰宅。カメラを持って神社へ。時間は8時半を過ぎていたが、まだまだたくさんの見物客がいた。  境内に屋台がたく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一ヶ月遅れの花見レポート vol.2

 朝から花曇りならぬ、本当に曇天。それが午後になると、ぱらぱらっときた。  しかし少々の雨でへこたれません。麻雀は途中でやめられない。下の写真でつかんぽ君だけがはしゃいでいますが、一人勝ちなのか、ハコになって常軌を逸しているのかは不明。  とにかく継続中の半荘を終わらせて撤収。マットの上に雨の模様がついています。ちな…
トラックバック:5
コメント:2

続きを読むread more

一ヶ月遅れの花見レポート vol.1

 写真の整理がなかなかできずupが遅くなってしまったが、今年のマーキュリー花見をレポートする。  愛知県岡崎市のビリヤード場「マーキュリー」の常連による花見は昨年もお伝えした通り、豊田市の水源(すいげん)という公園に繰り出す。  悩んだ末に東京から帰省し参加。花を観ながら酒を飲み----そして麻雀。こりゃ参加せずにはいられま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初玉屋 荻窪サンビリヤード

 新しい玉屋に行くのが楽しい。  「玉屋八十八カ所巡り」を目標としている---と言いながら、きちんと数えたことがない。50店くらいは優に行っていると思う。  今回は荻窪の「サンビリヤード」。最近の固定メンバー3人(僕を入れれば4人)で繰り出した。  実は以前に一回ここへは来たことがあるのだが、たまさかIPTの国内予選を…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

「飯田屋」でどじょう

 先週の土日は寒かった。急に寒が戻った感じ。  浅草橋から蔵前を歩くつもりで家を出たのだが、軽装備であったことを反省。いきなり気弱になり、直接浅草に行って、うまいものだけ食べて帰ってきた。  まずは僕の浅草の定番、喫茶「アロマ」でミルクコーヒーを飲む。  久しぶりに浅草寺に詣る。というか写真を撮りに行く。観光地は、他人…
トラックバック:31
コメント:1

続きを読むread more

東京の坂を歩く「高田馬場から中井へ」その3

 中井駅近くには八本の坂がある。  「一の坂」「二の坂」「三の坂」---と順番の名前がつけられている。  ここいらは関東大震災の後、つまり近年に拓かれた土地で、住宅地整理の都合上、順番に名前をつけたということだそうだ。  林芙美子の住居が記念館となって残っており、なかなか風情があるので見物したかったが16時30分で閉館…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京の坂を歩く「高田馬場から中井へ」その2

 坂を歩く散歩は楽しいが、旧跡を尋ね歩くというような趣向にはならない。  目的はあくまで「坂」なので、特に目を楽しませるものがあるとは限らない。  カメラを持って行っても写すものがない。  ここで注釈を加えるが、本当に写真を理解している人なら、どんな被写体であろうと一幅の絵を写しとる。観察眼が豊かであり作品化するための…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

東京の坂を歩く「高田馬場から中井へ」その1

 最初の写真は新宿区の氷川神社の境内の縁起看板。  東京で感じることは、とにかく坂のつく地名が多いということ。江戸の町は急速に開けていったため、もともと地名もないような丘陵に道を作り、その坂の名が地名となったということらしい。  そうした坂を歩くという趣向があり、しばらくは山登りも行けそうにないので、その代わりに月に一回くら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仁木悦子「猫は知っていた」

 かねてから読みたいと思っていた本。古本屋で100円で売っているのを見つけた。  日本における推理小説の新人発掘の登竜門「江戸川乱歩賞」の事実上の最初の受賞作(これ以前の乱歩賞は推理小説の発展に寄与した団体や活動に与えられていた)。昭和32年の作品。  なんと言ってもタイトルがいい。「猫は知っていた」とは実にチャーミングな書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同病ですか?

 高田馬場の「ビッグボックス」、老舗のビリヤード場。  高田馬場では「山水ビリヤード」と双璧だが、ビッグボックスはキャロムが充実しており、ああ僕もこんな人生を全うしたいと思わずにはいられないご老人たちが撞いている。  そんなビッグボックスで、ずっと写真撮影を続けている人がいた。  一眼レフに望遠をつけて、きっとこういう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

新大久保「豚菜」

 会社の飲み会で新大久保の韓国料理街にある豚専門の焼き肉屋「豚菜」へ。  肉がそんなに好きではない僕だが、ここの三段バラ肉には感心した。  肉以外のつまみがまた素晴らしく、水キムチに驚喜し、皆の分までがつがつ喰ってしまった。  食べるのに夢中で、カメラを持って行ったのに、あまり撮らなかった。さらにメンバーの顔写真が多く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

加齢による衰えを実感します(涙)

 京王線の調布駅から徒歩3分「クラウド9(ナイン)」でたっぷりと、球を撞いてきた。  クラウド9は土日でもお得なパックがある。11時から4時まで1700円。5時間だから、一時間あたり350円くらい。だが、それだけじゃない。食事とドリンク一杯がついてくる。共にメニューにあるものならなんでもいい。今日は700円のハンバーグ丼と400円…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近所に玉屋を発見

  引っ越してまず調べたのは近所に玉屋(ビリヤード場)があるかどうか。  ビリヤードのメーリングリスト(MLって最近は下火なんで、知らない人も多いかも。メールを使い掲示板の役割を果たすとイメージしてください)で尋ねたり、Webで検索したり。  すると、家から歩いて10分以内に「コトブキ」という玉屋があることがわかった。30年…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

引っ越し完了 My Roomの完成

  新しく住むのは府中。京王線の府中駅から歩いて8分(実測)。  エレベーターなしの4階だが、普段からなるべく階段を上り下りするようにしているので、これは苦にならない。  間取りは2LDK。洋室と和室がある。和室はほとんど使用しないことにし、自分の空間を洋室に作り上げた。これが気に入っているんだな。  PCはデスクトップが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カメラを10台に

 単身赴任のための引っ越しの準備をしているのだが、持って行くカメラは10台に絞りたい。  カメラが10台と言うと普通の人は驚く。いや写真に長けた人も「おまえに10台も要るか」と驚くかもしれないが。  ただ、アナログカメラとデジカメをあわせてとなると、意外にこれは厳しい。  まずデジカメ。これはたくさん持っているわけではない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京転勤~カメラも整理

 転勤は単身赴任で行く。持っていくもの、置いていくもの、さらにこれを機会に整理するものを決めなければ。  これは会社の部下の女性の結婚パーティの二次会。ちょうどこの日が辞令交付だったので会場ではお祝いも話題と、異動の話題が交錯していた。  写っているのも僕の部下のI君。できない上司をよく助け、フォローもしてもらったし、あるい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

東京転勤~名古屋の老舗ケーキ屋

 2月1日付で東京への転勤の辞令をもらった。  えっ!という感じ。  僕の務めている会社は東京に本社があるのだが僕は愛知県の現地採用。  僕が入社した当時は「転勤がない」というのが前提だった。転勤が嫌だというのではなく、事実上殆どなかったのだ。  バブル景気以降、会社の風土が変わって本社支社との人事交流も多くなった。  そ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

22インチWモニター購入

 ひょんなことからPC用の液晶22インチワイドモニターを購入した。  発端は行きつけのビリヤード場「マーキュリー」の常連の381君がPCが欲しいというので、岡崎市内のG店でパーツを揃え組み立てたこと。  概ね予算通りだったのだが、モニターが割高で購入を見合わせることを提案。  19インチで3万円近かったのだ。  名古屋の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more