テーマ:ゲーム

2011年最後のゲーム会

 今年も店でたくさんの昼ゲーム会を催した。  自分では数えていないのだが、常連の参加者の方がfacebookで参加した回を数えてみたら22回だったとつぶやいていらっしゃった。この方が参加されなかったときもあるから、ほぼ30回くらいだろう。  土曜日の12時スタート。  最初の頃は13時スタートにしていたのだが、多くゲームを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やめられないモノたち(2) ICO

 どうしても買わねばならぬものがある。  プレイステーション3用のソフトとしてリメイクされた「ICO」と「ワンダと巨像」のセット。  まずは「ICO」について熱く語らねばならない。  1983年に任天堂からファミリーコンピュータ、いわゆるファミコンが出てから、主なコンシューマ機の殆どを揃えてきた。スーパーファミコン、P…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぐっとくる小物入れをダイストレイに

 リサイクルショップで、こんな小物入れを見かけ衝動買いした。  見た瞬間に、「ビビッ」ときた。  これはアレに使えるかも!  木製のクラウン(王冠)型。直径は17cmほど。  なかなか奇抜なデザイン。  ただし作りは案外ともろく高級品とまでは言い難い。  実は王冠のひとつが折れていた。  幸い、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こんな本を自炊した No.6 阿佐田哲也の麻雀本

 大学に入って数年は麻雀ばかりしていた。  バス停を降りて、まっすぐ進むと学校の門がある。しかしそこの前の通りを右折し、雀荘に行くのが常だった。  その頃の我々がバイブルのように崇め読みこんでいたのが阿佐田哲也の麻雀小説。 このシリーズは自炊した本の紹介です。「蔵書するのは断念するが、まさかのときのために内容を取ってお…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

扇子・オブ・ワンダー~はて、なんでせう

 火星人の乗るUFO群?  この形状を見ただけでわかる人は、まずいないだろう。  挑戦したいという方のために、ひとつだけをアップしてみる。  扇子に似ている。  ああ、あとで扇子という言葉は出てくるんだけれど、やはり扇子じゃない。  TVゲームのコントローラーでもなければ健康器具でもない。  …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

TVゲームの夏~Battle Stations Pacific

 気になっていたXbox360のゲームが安く売っていたので購入。  僕はご承知の通りゲーム好き。  ゲームとしておもしろければ、フォーマットがボードゲームだろうがカードだろうが、TVゲームだろうが厭わない。  定期的にいろいろなゲームに手を出したくなる。  最近は、チェスの棋譜を並べてみたり、囲碁を再開したりしているが、…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

jaykay君の豪邸に行ってきました

 昨年結婚した若い友人のjaykay君宅にお邪魔した。  jaykay君と愛犬「凛(リン)」  まさに白亜の豪邸。  洒落た時計の針がついているが、実はこれオブジェ。時は刻まないそうだ。  立派な玄関。  訪問の理由は、ホーム・マッサージの会に誘われたのだ。  jaykay君の知り合いのマッサージ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画とゲームで「びっくりさせてくれ」その2

 映画とゲームについての第二回。  前回は「映画に登場する架空のゲーム」について書いたが、今回は「映画制作をテーマにしたゲーム」について。  僕の店では、月に二回程度、「土曜の午後のゲーム会」を開催している。  ネタにするために、このゲームを皆さんに遊んでいただいた。 ドリーム・ファクトリー  ドイツゲームだが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画とゲームで「びっくりさせてくれ」

 画像は監督ロバート・アルトマンへのインタビューをまとめたもの。  僕は作家性の強い映画監督が好きだ---と書くと、かっこいいが、これは実のところ「わかりやすい映画がいい」と白状しているだけのこと。  ロバート・アルトマンは『だから』好きだ。  といっても彼の作品をたくさん観ているわけではない。  「M★A★S★…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日経新聞「何でもランキング~頭を鍛えるボードゲーム」

 店でゲームを遊ぶお客様が増えている。  二週間に一度くらいのペースで昼間にゲーム会も開催。  そうした方が口にされるのが「ゲームが(大人にとって)こんなにおもしろいものだとは知らなかった」であり、「どうしてみんな、もっとゲームをやらないんでしょう」。  まったく然り。  ゲームばかり遊んでいるのもどうかと思うが(笑…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

一周年記念パーティのご報告 その3

 パーティ中にゲームをやった。  僕の店はバー。一周年だといってたくさんの方にお集まりいただいても酒を飲んでいただいているだけでは間がもたない。  なにがなんでもイベントを連打する必要がある。  バンドのライブ演奏をメインにして、もう一つ全員が参加できるゲームをすることにした。  こうゆう用途にかなう定番はビンゴ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

一周年記念パーティのご報告 その2

 イベントご報告の間があいてしまった。  う~ん、どうにもこれを書くのが恥ずかしくておっくうで---  というわけで、バンド演奏に歌で参加しました。  僕は人前で歌うというのが大の苦手。音痴だし、芸はないし。  サラリーマン時代もカラオケの誘いはことごとく断っていた。  部下の送別会とか、どうしてもはずせないときは…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

祝!jaykay君 ドミニオン結婚式

 大切な友人であるjaykay君の結婚式に招かれた。  彼は僕には随分若い友人。  出会いはビリヤード。  6年前、彼はまだビギナーで、ストロークもぎこちなかった。  それがめきめきと上達し、つい最近に追いつかれ、今では勝敗は五分五分。  僕が彼に教えたことも多かったが、僕が彼から学んだものも少なくない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オセロとリバーシとランラン・カンカン

 某SNSでオセロについて物言う機会があった。  オセロはおもしろい。同程度の力なら勝った負けたで楽しめる。力量差があって負けても短時間で終わるので屈辱感が少ない。  オセロは1973年にツクダから発売され、すぐに大ブームになった。  余談ながら、当時、僕は厚紙に線を書いてボードにし、1円硬貨の裏をマジックインキで黒く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石垣島から その5「雑記」

 旅行前はレンタカーを借りようかと考えていたが、結局バスですませた。  もっともゆーき夫妻が車を出してくれたり、kenken氏がレンタカーを借りてくれたりで便乗させて頂いたのが大きかったのだが。  バスについて少し。  車内では音楽が流れている。見晴らしの良い風景を眺めていたら、村田和人の「電話しても」が流れてきてびっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今宵バーでゲームを

 店でゲームを楽しむお客様が増えてきた。  僕のゲーム好きは幼稚園の頃(昭和40年代初頭!)にさかのぼり、以来ゲームを集めてきた。  しかし家庭で自分で遊ぶものと、バーでお客様に提供するものとでは趣向が異なる。次の条件を満たすものが望ましい。 ○ルールが簡単 ○10分以内に終わる ○バーカウンターで並行に座…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラブプラス ゲットだぜ!

 ニンテンドーDSソフト「ラブプラス」を入手した。  お客さんのNaka-Eさんが新作「ラブプラス+」を買ったので、旧作である元祖「ラブプラス」は不要(なんでも旧作はまるごと新作に入っており、データも引き継げるそうだ)とのことで無償で頂戴した。  「ラブプラス」について知らない人に解説しておこう---って、僕もまだプレイして…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

新芽と帝国の覇権

 いっとき危なかった観葉植物から新芽が出てきた。  以前にも書いたがもう一度ここに至る経緯を書いておく。  まずオープン時に入れたグリーン(観葉植物)を根腐りで死なせてしまった。  店内はいつも暗く日光を浴びることなく、そのくせ、せっせと水遣りしていたのが原因。  ところが新しく入れたグリーンも危なくなった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Twixt ちょっといい話

 なんの影響も受けていないクリエイティブなどない。  先人の仕事を受け継ぎ、模倣することから革新が生まれる。  今日はゲーム界のちょっといい話。  まずはTwixt(トゥイクスト)というゲーム。  アメリカのゲーム・デザイナー、アレックス・ランドルフによる40年以上前の作品。  傑作ゲームとして版権が移り販…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エポックのレコード

 レコード蒐集の邪道編。  レコードを集めるのも好きだが、ゲームも集めている。  共通しているのはデジタルも嫌いじゃないが、やっぱりアナログのほうが好き。  CDよりレコードが、コンシューマ(いわゆるテレビゲーム)よりもボードゲームがいい。  またレコードであればソウルの日本盤シングル。ゲームであれば昭和30~40年…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

新世界における奴隷制~ゲーム会報告

 ボードゲーム/カードゲームの類を店に50個ほど用意している。  主に海外(その殆どがヨーロッパ)のゲームを集めてきた。  マニアの域にはとても及ばないが最近リストを作ってみたら170個以上。1980年代以降の傑作とされるタイトルはだいたい持っている。  これだけは言っておきたい。  ここ20年のボードゲーム界の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

オールドMac→iPad

 夏休みの自由研究は「古いコンピュータ」?  米国加州のコンピュータ歴史博物館が、初代マッキントッシュにバンドル(標準搭載)されていたソフトウェアのソースコードを公開した。  もちろんアップル社の了解を経てのもので、ユーザーはこのソースコードをコンパイルすればWindowsでも動作させることができる。  目玉はMacP…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

映画から話を---「薔薇の名前」

 映画「薔薇の名前」の特別版DVDが廉価リリースされた。  Amazonで982円。  事前予約したので発売日(7/14)に届いた。  原書と映画の時系列が僕自身混乱している(歳をとると記憶が---)ので整理。 1980年 ウンベルト・エーコの原作発表 1987年 映画化 1990年 邦訳出版  つまり映画…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

いまさらですが---質問していいですか?

 時代に5年遅れている。  なんか、当時聞いたことはあった。  いや僕が勤めていた店で売っていた記憶もある。  いまさら、こんなもの取り上げて、「古い」、「飽きた」、「アホか」と言われそうだが---  バンダイの20Qというおもちゃを買った。  今も販売されている。  Amazonでは19…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

賭博のすすめ

 今朝の新聞に横綱白鳳が部屋内で花札賭博という記事が載った。  胴元は存在せず、力士同士、賭け金1万円で半年に一回程度だったという。  なぜこれが問題になるのか。  悪法も法であるが、賭博法に触れることもない。(飲食代程度を賭けることは違法ではないという判例がある)  力士というのは勝負師だ。  勝負師が勝…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

世にオカルトの種は尽きマジ

 虫が知らせたのだろうか。  一ヶ月ほど前、本棚から二冊を取り出した。随分前に買った文庫本。 奇妙な論理 マーチン・ガードナー (社会思想社)  原題は"In The Name Of Science"(科学の名において)、疑似科学(あるいはトンデモ科学)を類型に分け、根本批判した古典であり出版は1952年と古いが日本で…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

海を越えて3Dカタンがやってきた!

 クラウス・トイバーの名作"Catan"。  ドイツ・ボードゲーム、いや世界のボードゲームに大きな影響を与えた作品。  発表は1995年。  その年のゲーム大賞を文句なく獲得。世界中で今でも売れ続けている。  ※Wikipediaのカタン解説  カタンがもたらした最大の影響は、「ルールが難しくても、それが理路整…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

e-bayでアクワイアを落札

 世界最大のネットオークションe-bayでアクワイアを入手。  アクワイアは近代ボードゲームの世界では超がつく古典。  これに並ぶボードゲームはモノポリーくらいしかない。  モノポリーの初版は1935年、これに対しアクワイアは1967年と30年遅れているが、それでももうすぐ誕生50年になる。  日本の風土に合わな…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

岡崎出身の有名人

 あらら大変なことになった。  岡崎出身の有名人。  歌手の岡村孝子とか、作曲家の富田勲とか、レーサーの中嶋悟とか、武将の徳川家康とか---案外といらっしゃる。  しかし目下、郷土の英雄といえば大相撲の琴光喜。  その地元の誇りが野球賭博をしていたそうで。  テレビで後援会長さんが憤慨していたが、「なんちゅうこ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

めざめよ日本人 ごいた ごにんかん

 民主党政権から早くも二人目の首相が誕生。  という時事ネタにはまったく関係なく、今日もゲームについて書く。  現代ボードゲームは圧倒的にドイツのものが多い。毎年驚くほどの数量の良質ゲームが発表される。  ゲームそのもののおもしろさも抜群だが、ボードや駒のデザインや品質が秀逸で、コレクションする喜びを喚起させる。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more