テーマ:カメラ

タイ珍道中"Road To Thai" vol.8<トゥクトゥク>

 バンコク市内のいたるところで見かけるトゥクトゥク。  観光客相手の商売のようで、タイ人が乗っているのはあまり見かけない。  昨年は何回も乗ったのだが、今回はバンコクでは一度も乗らなかった。  アユタヤで乗ったが、アユタヤのものは観光用をさらに特化しており乗客スペースを大きくし、また比較的整備されている綺麗な車体が多か…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

タイ珍道中"Road To Thai" vol.7<動物園>

 半日、バンコクの動物園に行ってみた。  特に動物が好きなわけではない。あまり日本人旅行客が行くところじゃないだろうと思っただけ。  今回も行きは国鉄を使った。  ファランボーン駅から動物園の最寄りと思われる駅までは、二駅間。  切符売場でそこまで三等切符で行くと言うと、係員がにやにや笑っている。どうも「そん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイ珍道中"Road To Thai" vol.5<服をオーダー>

 タイに行ったのなら洋服をオーダーしなければ損。  やりようによっては旅費+滞在遊興費がただになってしまう。そのくらい安い。  ただし相当な注意が必要だ。  去年作ったものに関しては、かなり反省点があった。今回、それを踏まえ精度をアップさせた。  まずタイ(バンコク)の紳士服オーダー産業について書いておく。情…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

タイ珍道中"Road To Thai" vol.4<国鉄に乗る>

 アユタヤからバンコクへは国鉄で帰った。  駅舎内。  注意書きが絵にして貼られている。なかなか味があるなと思って眺めていたら、壁にヤモリが這っているのを発見。写真をクリックして拡大するとわかる(笑)  チケット売場。1等から3等まである。特に1等がゴージャスということはなく、エアコンがあり、混んでいないという…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

タイ珍道中"Road To Thai" vol.3<アユタヤ観光>

 いよいよアユタヤに着いた。  バンコクからのアユタヤ観光で問題になるのはアユタヤまでの行き帰りではなく、現地での周遊。アユタヤは一つの市であり、とても徒歩で見所をまわるわけにはいかない。  一番安いのはレンタサイクル。しかし地理に不案内のうえ暑いので断念。  割高だが自由が効くトゥクトゥクをチャーターした。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

タイ珍道中"Road To Thai" vol.2<アユタヤに行く>

 今回のタイ旅行、後半は一行と別れた。  僕はほかの人と興味の方向が違うことが多い。僕の好みにつきあわせるのは心苦しいし、かといって他人のペースにあわせるのは疲れる。  というわけで古都アユタヤに自分のペースで行ってきた。  行きは乗り合いバス。帰りは国鉄。  今回はアユタヤに着くまでを書く。  本題の…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

タイ珍道中"Road To Thai" vol.1<概略篇>

 昨年に続き二回目のタイ旅行を楽しんできた。  まず、最初にお断りしておく。 僕は旅行嫌い  「一生に一度見ておきたい」という気持ちが逆に働く。「もう二度と見られない」と思うのが寂しい。そんな気持ちになるのならいっそ見ないほうが気が楽。  そんなわけで、僕はベトナムにもラオスにもカンボジアにも行ったことがなく、ア…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

岡崎最ディープ喫茶店『丘』

 岡崎で最も独創的な喫茶店。  僕はもともと岡崎市民ではなく名古屋っ子なので、この店を知ったのはわりと最近。  ここのエッグカレーというメニューの評判を聞きつけ、カレー好きとして抑えなければと訪れたのだが、店全体のインパクトにノックアウトされた。  まず驚くのは内装。  手作り。  シルバーや蛍光色をふんだ…
トラックバック:1
コメント:9

続きを読むread more

しばしのお別れ カレー『ボンベイ』

 大名古屋ビルヂングの地下に入っていたカレー屋さん『ボンベイ』が閉店した。  『ボンベイ』と僕との関係は長く深い。  簡単に言えば、僕の終生の大好物『カレーライス』にはまったきっかけの店であり、宇宙一うまいと信仰してきた。  詳細を知りたい方は以前に書いた「カレーと私」をお読みいただきたい。  今回の閉店は入居し…
トラックバック:1
コメント:22

続きを読むread more

さようなら大名古屋ビルヂング

 昭和生まれの名古屋っ子にとって大名古屋ビルヂングは名古屋駅のシンボルである。  かっては威風堂々たる建物だったが、さすがに現在では老朽化し周囲に比べ背が低い。高層ビルを建てる再開発のため、取り壊しが決まった。  取り壊しのニュースは名古屋人なら誰しも知っていると思う。  ただ同ビルで『閉館記念写真展』を開催しているの…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

神君の木綿のハンカチーフ~岡崎名所案内~

 夏休みにわざわざ僕の店を泊まりがけでお訪ねいただいたお客様を岡崎観光にご案内した。  岡崎というのは言ってみれば太田裕美の『木綿のハンカチーフ』のような町だ。  『僕は旅立つ、東へと向かう軍馬で』とばかり徳川家康は江戸に向かい、都会の魅力に染まって帰ってこなかった。  そのまま彼は「権現となって江戸を守護する」と日光…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

芋庵さんこと三沢さんのスケッチ展に行ってきた

 ネット上では芋庵さんを名乗っている岡崎在住アーティストの三沢名保美さんは僕の高校時代の同級生である。  彼女は今年の春フランスで個展を開いた。  すごいね~、芸術の国おフランスざんすよ。  本人曰く、画家としての個展ではなく、手描き友禅の作品販売とのことだが、それにしたってすごい。  このあたりの経緯の詳細は彼…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

岡崎の大花火 2012 その2

 花火の日の街のスナップ。  岡崎の中心部は町全体が縁日状態。  居酒屋さんも店先で特別営業。  岡崎は再開発が進んでいない。悪く言えば遅れている地方小都市だが、よく言えば町に暖かみがある。高いビルは少なく空がいっぱい見える。  モノクロで撮影すると、まるで昭和の時代のようだ。  花火は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岡崎の大花火 2012 その1

 先週末、8月4日は『岡崎の大花火』だった。  地元、岡崎では年間最大行事。岡崎っ子にとっては大切で大変な夜である。  僕が店を開いてから、この大花火を迎えるのは三回目。  過去、二回の経験から得たパターンは『花火開催中は誰もお客様がいらっしゃらない。ところが終わると同時に花火帰りの方で満席になる』。  というわ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

西尾市の「めぐみ農場」へ行ってきた

 愛知県西尾市にある「めぐみ農場」のオーナーの織田さんは、僕のサラリーマン時代の先輩。  織田さんは6年前、僕より先に退社した。  食道癌という大病にかかり15時間にも及ぶ大手術で癌細胞は取ったものの、仕事のストレスで再発のリスクが高まることを懸念されたという。  その決断がよかったのだろう。健康をすっかり取り戻した織田さ…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

撞球道 残心

 このブログの更新頻度が落ちている。  facebookのせいだ。あちらに思うことを即座に書いているので、ブログに書くようなことがなにも残らない。  このままでは、ブログ閉鎖になってしまう---というわけで久しぶりにビリヤードについて書いてみる。  この春から試合に3つ出た。  その結果が不本意で、暇をみつけ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

バルナック型iPhoneケース購入

 iPhoneユーザーは多いですなぁ。  一度、他人のiPhoneとテレコしてしまったことがあり、ケースを買ってアイデンティティを強化したいと考えていた。  そこに、僕好みのニュースが。  バルナック型ライカを模したiPhoneケースがあるというニュース  Amazonで購入できるが、安作りで接着面などにムラがあ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

バーベキューパーティに参加しました

 どうもバーベキューというのが苦手。  準備が面倒臭い。  あとかたずけが面倒臭い。  中学校の同級生が集まりバーベキューをやるという。  尻込みしていたのだが「準備もしなくていい、あとかたづけもしなくていい」とまで誘われたので重い腰をあげた。  大きな庭のある友人宅に集合。  この友人というのが僕に言わせる…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

HARCに入会しました

 店を開いて三週間、ペース配分にも慣れてきた。  日曜日を休みにしているので日曜の朝から月曜の昼すぎまでが休息時間。  店のHPのメンテナンスとか、やらなければいけないことはあるのだが、息抜きも必要と自己弁護して球撞き。  この機会にHARCに入会した。  HARCとは「東愛知ローテーションクラブ」。  ビリヤ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

眼鏡を壊してもうた

 二週間近いバカンスで体がなまった。  さっそくアスレティックジムで50分走ったが、汗の出が悪い。  体も硬いようで腰が重たい。  腰痛持ちで運動不足がてきめんに腰に来る。  ふと思いついてブームのときに購入したバランスボールを持ち出してきた。    バランスボールの上に仰向けになってごろごろすると腰が伸びて気持…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

デジタル写真のツール Silkypix

 しばしのバカンスから戻り、仕事が待ったなしの状況。  店のオープンに向けて、やらねばならぬことが満載。  そんなわけで旅行の写真の整理は当分できない。  殆どをRAWデータで撮影しているので現像処理が必要となり、全部を終えるのに数日かかってしまう。  ただ少しは見てみたい。  そこで問題になるのが現像ソフ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

業務連絡 おねいちゃんのケツ

 昨夜、日本に帰ってきた。  今日は時差ボケ。  もともと眠りの浅いたちだったが歳を取ってますますひどくなった。  決まって朝の5時に目が覚める。  昨夜は12時まで頑張って起きていて床に就いた。ハワイ時間では朝の5時。これなら眠れるだろうと思ったのだが、午前3時に目が覚めもう眠れない。  それでも、あちらでは朝の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

シューティング・パーソン by your own risk

 山や花といった自然・静物の写真にまったく興味がない。  街中でのスナップ撮影、すなわち街行く人を撮るのがおもしろい。  しかしそんな撮影をお勧めはしない。写真を撮られるのを嫌がる人は多い。  寺山修司風に言えば「他人の写真を撮ることは相手の人生を盗むことだ」。  スナップの一つの基本はノーファインダーで素早く音…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明日はスーパーボウル

 うっかり録画を忘れて旅行に出てしまった。  アメリカンフットボールの熱心なファンでは決してないのだが、毎年スーパーボウルだけは観る。  熱気がすごいし、ハーフタイムショーも楽しめる。アップルの「1984」のようなスペシャルなCMもある。  そのスーパーボウルは明日の日曜日、現地時間で13時30分スタート。  既…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

四半世紀ぶりのオアフ島

 オアフ島に移動した。  ワイキキのホテルにチェックインし数時間散歩しただけだが、前に来たときとは変わっていないようでやはり変わっている。  ブランドの立派なショップが立ち並び(アップルストアまである)ファッショナブルになった。  昨日までのハワイ島ののんびりムードから、大都会へ来たようでびっくりしている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カメハメハのシガー

 ハワイ島は実にどうも広大に何もない。  四国の半分くらいの大きさがあるが、人が行き来しているのはほんの一部。あとは溶岩石が目立つ平野と富士山より高い山。  ただこの溶岩石はすべて流れてきたものではなく、埋め立て地として運んできたものもあるとのこと。これから意外に発展するのかもしれない。  観光地としての一部も、なにかノス…
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

ハワイに来ております

 ハワイ島に来ている。  旅行嫌いを自任している。  生き帰りが面倒だし、お金もかかる。家でじっとしているほうがいい・・・という引きこもりなのだが、会社を辞めて今は自由な時間。店をはじめれば稼ぎに必死で旅行どころじゃない。  この機会しかないと思い旅に出た。  ハワイ(州)に来るのは二度目。四半世紀ぶり。  前回はオア…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Canon PowerShot G11 ゲットだぜ

 PowerShot Gシリーズは鉄板だ。  一度でもGシリーズを使ったら、他のコンパクト・デジタルカメラ(コンデジ)には戻れないと思う。  また高級な眼デジ(一眼レフデジタルカメラ)を持っているユーザーにも、頼りがいのあるサブカメラになると思う。  その理由は、描写力の優秀性はもちろんとして、操作が簡単で堅牢というこ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

デジカメのアートフィルターで遊んでみた

 デジカメを整理することにした。  次の3台を手放す。 ①Olympus E-410 ②Canon PowerShot G9 ③Richo GR digital  ①E-410は現在持っている唯一の一眼レフ。相当に活躍してくれたのだが、マニュアルでのピント合わせがし辛いことと、どうしても一眼レフが好きになれないので…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

秋の京都でSOUL その2

 京都は紅葉シーズン---その人気を甘くみていた。  QJ's Barに近いホテルを前回は取った。値段も安く今回もと予約したら満室。周辺から幾つかあたったけれど全て満室。  QJさんから、近くにサウナがあるという情報を得て、当夜はサウナ泊。  サウナに行ったのが2時くらい。同行のSさんとビールを一杯飲んで就寝。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more